手作り霊園

やすらか庵は散骨の業務を14年間続け、多くの方に利用して頂きました。

そしてお墓の問題に悩む方々の救済活動を通して、

皆様から様々なご意見やご要望に対応するうちに、

新しいスタッフやお手伝いの方を迎え入れ、

これまでより社会性の強い奉仕活動をするべく

2016年7月にNPO法人になりました。

お墓を片付ける墓じまいの業務が増えるにつれ、不要になった墓石を

独自に粉砕して砂利として寺院の駐車場に奉納したり、

遺骨の受入先としての永代供養を探しているうちに、

茨城県稲敷郡美浦村の如来寺ご住職の協力を得て、

墓地の用地を提供して頂き、本来あるべき姿のお墓を実現するべく

独自に整地、施工して「地蔵葬」を始めることができました。

2016年9月より施工を始めました。

最初に書いたイメージイラストでは通路はウッドデッキでした。

地蔵葬イメージ

もちろん墓地としての認可された土地です。お寺の本堂のすぐ裏にあり、

周りには木々が緑をたたえています。

地蔵葬 整地

整地前には雑草だらけの土地でしたが、墓じまいの業務をしていますので、

ユンボほ持ち込んで整地します。

整地

やすらか庵ではお地蔵様も彫っています、チェーンソーで荒削りし、

ノミで仕上げます。

お地蔵さん製作

お地蔵様もたくさん出来て、お墓のサンプルも出来ました。

お地蔵様

地蔵墓

如来寺の準備も順調に進み、通路や芝生の植え付けなどをしています。

地蔵葬 工事中

2016年10月にはサンプルコーナーも出来ました。

img_37901

ご覧頂いたように、全ての工程が心を込めた手作りです、

お地蔵さんは自然の木ですから、割れてきますし、変色もしますが、

それも味のうち、自然の摂理に身を任せ、あとは大地にお任せなのです。

「墓と共に自然に還ろう」これからの時代にふさわしいお墓のあり方です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ