毘沙門天王功徳経

毘沙門天王功徳経とは

毘沙門天王功徳経とは毘沙門天の功徳が詳細に書かれた経典で、

毘沙門天王の功徳と礼拝の仕方が分かります。

毘沙門天の勤行や行法をする時には欠かさない経典です。

毘沙門天功徳経-漢文

佛説毘沙門天王功徳経

如是我聞 一時仏在王舎大城竹林精舎
与大比丘衆 千二百五十人倶

爾時阿難 一心合掌白仏言 以何因縁
此毘沙門天王 身被金甲 左手捧宝塔
右手取如意宝珠捧 左右足下趺 羅刹毘闍舎鬼

仏告阿難 此毘沙門天王 七万八千億諸仏護持
仏法之兵士也 左手捧宝塔 名普集功徳微妙
宝塔之内具 八万四千法蔵十二部経文義
然見者得無量智慧 右手取如意宝珠棒
名震多摩尼珠宝 涌出飲食衣服無量財宝
身被金甲 為除四魔之軍 両毘 為降伏悪業煩悩所趺也
又有二鬼 名曰藍婆 毘藍婆 左脇有天女
号大吉祥天女 右脇有一童子 名禅尼子童子
若有人於毘沙門天王 見体聞名心念者
除八万億劫 生死之微細罪
得百千億功徳 至於仏位 現在増長無量福人

仏告阿難 有奉仕毘沙門天王者 得十種福
一 得無尽福
二 得衆人愛敬福
三 得智慧福
四 得長命福
五 得眷属衆多福
六 得勝軍福
七 得田畠能成福
八 得蚕養如意福
九 得善識福
十 得仏果大菩提福

若有人欲奉仕毘沙門者 毎月元三日 清身箸新衣
向東北方 称念毘沙門名号者 得大福徳決定無疑
即説呪曰 ロ奄 吠室羅摩那耶 娑婆呵

仏説此呪已 大地震動 毘沙門天王出来 坐大蓮華王座上

已告阿難 我従此北方 過七万八千里
有表名曰普光 有城名曰吠室羅摩那郭大城
有八十億那由陀大福聚 我毎日三時 焼此福
若有人欲得我福 持五戒三帰 為無上菩提願求
決定施与 得成就 一切於毘沙門福
所願可有五種
一 為父母孝養
二 為功徳善根
三 為国土豊饒
四 為一切衆生
五 為無上菩提可願
若有人除此五種心願 不可得福
若有人雖受死苦 不可受貧苦 衆苦源不如於貧苦

欲得福徳者 向丑寅 称名号一百八遍 可得大福徳也
欲得智慧者 向東方 称名号一百八遍 可得大智慧
欲得官位者 向辰巳 称名号一百八遍 可得官位
欲得能妻子 向南方 称名号一百八遍 可得能妻子
欲得長命者 向未申 称名号一百八遍 可得長命
欲得眷属衆多 向西方 称名号一百八遍 可得眷属衆多
欲得愛敬 向戌亥 称名号一百八遍 可得衆人愛敬
欲得悉地 向北方 称名号一百八遍 皆悉成就

仏説此経已 千二百五十人倶 皆大歓喜 信受奉行

毘沙門天功徳経の訳

この様に私は聞きました。

釈迦が王舎大城の竹林精舎に修業者1250人と共に居る時のことです、

弟子の阿難がとても熱心に両手を合掌して仏に尋ねました。

「どういう因縁があって、毘沙門天王は体に甲冑を付け、左の手には宝塔を持ち、

右の手には如意宝珠を持ち、両方の足で羅刹毘闍舎鬼を踏んでいるのですか」

釈迦が阿難に対して言うには、「毘沙門天王はその数7万8千億と言われる諸仏の

中でも、仏法を護る兵士であり、左の手に宝塔を持っているのは、

普集功徳微妙と言って、宝塔の中には8万4千の教えと12部経が納めてあり、

それを見る者は大いなる智慧を得ることが出来、右の手に如意寶珠を持っているのは

震多摩尼珠寶と言って飲み物、食べ物、衣服などの無限の財宝が湧き出し、

体に甲冑を付けているのは、仏道修行の妨げとなる四魔の軍を防ぎ、

邪鬼は悪業や煩悩を押さえつけるために踏んでいる。また藍婆と毘藍婆と言う

2匹の鬼を従え、左の脇には天女がいて吉祥天女と言い、

右の脇には1人の子供がいて善膩師童子と言う。

もし毘沙門天王の姿を見たり名を唱えたり心に念ずるような者がいれば、

果てしない輪廻転生の中で犯した罪を取り除いて、仏の位に至り、

この世では無限の福を得ることができる」

続けて釈迦が阿難に言うには「毘沙門天王にお仕えする者は10種類の福を得る

  • 1つは尽きることの無い福
  • 2つは皆に愛される福
  • 3つは正しい判断力である智慧の福
  • 4つは長生きする福
  • 5つは家族や親族、部下などの信頼に恵まれる福
  • 6つは勝負に勝つ福
  • 7つは田畑が豊作である福
  • 8つは家業が成功する福
  • 9つは善い教えに出会う福
  • 10には悟りを得られる福

これらの福を得ることが出来る。毘沙門天王にお仕えしようとするものは、

毎月始めの3日間、身を清めて新しい服を着、北東の方に向かって

毘沙門天王の真言を唱えれば大きな福徳を得ること間違いない、

その真言とは オンベイシラマンダヤソワカ である」

釈迦がこの真言を説き終わると、大地が震動して毘沙門天王が現れて

大きな蓮華座の上に座って阿難に向かって言った。

「私はここから北に向かって7万8千里離れた所に入り口があり、

普光と城があり、吠室羅摩那郭(ベイシラマヤカク)大城と言われるが、

途方もない程の福が溢れ出ているので、私は毎日3回この福を焼いている。

もしこの福が必要ならば、五戒を保って三つの帰依をし、悟りを願い求めれば

毘沙門天の福を得ることが出来るが、次の5つの願い事に限る、それは

  • 親孝行のためであること
  • 功徳となる行いであること
  • 国や環境が豊かになるため
  • 全ての民衆のためであること
  • この上ない悟りのためであること

この5種類の願い事以外の福は得ることが出来ない

たとえ死ぬという苦しみは受けたとしても貧乏の苦しみは受けてはならない

皆が苦しんでいる原因は貧乏であることだ。

福徳を得るためには丑寅に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

大いなる福徳を得ることが出来る

智慧を得るためには東方に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

大いなる智慧を得ることが出来る

名誉、地位を得るためには辰巳に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

名誉、地位を得ることが出来る

良き妻子を得るためには南方に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

良き妻子を得ることが出来る

長生きを得るためには未申に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

長生きを得ることが出来る

家族や親族、部下の信頼を得るためには西方に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

家族や親族、部下の信頼を得ることが出来る

人に好かれる徳を得るためには戌亥に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

人に好かれる徳を得ることが出来る

いろんな願い事に関しては北方に向かってオンベイシラマンダヤソワカを108回唱えれば

どんな事でも悉く叶うものである」

この説法を説き終わった瞬間、そこにいた1250人は皆大いなる喜びに満ち溢れ、

感激し、この法を大切にすることを誓った。