笑う門には福来る

七福神

恵比須、大黒、毘沙門天、寿老人に福禄寿、弁天様に布袋様、

皆揃って七福神、笑う門には福来る。

七福神は日本、インド、中国の神様が集まった福の神、

何故このような形で集まったのかはさておいて、福を授ける福の神で、

用があれば何処にでも出かけるというとても庶民的な神様です。

金銀財宝が満載された宝船に乗って大海原を航海している絵は良く見られます。

毘沙門天以外は笑っているのが特徴で、笑うことが幸せであり、

笑わないと幸せにならないことを教えておられるのです。

毘沙門天だけ笑っていないのですが、それは毘沙門天が船頭と言いまして、

船を安全に進めていくこと、そして財宝を狙う外敵から護る役割があるので、

1人だけ厳しい顔をされているのです。

皆が笑っている中でも、こういう役割の神が必要だということなのです。

笑うという事

近年は医学の発展とともに、医療器具や薬も飛躍的に進歩していますが、

癌など、未だに薬では治らない病気が多いような中で、

笑うことの効果が注目されているのです。

大阪国際がんセンターと吉本興業などがタイアップして「お笑い」が

がんの治療に役立つかという取り組みが検証されています。

人は笑うことによって免疫力が増すことは知られていることで、

この笑うということを医療にも取り入れようとしているのです。

病気というものは、最終的には本人の治る力にかかっているのです。

笑う門には福来る

門とは家の入口のことです、家族の者が笑っていれば、

その笑い声は門から外にも聞こえます、

大きな声で笑えば笑うほど、外に聞こえるのですが、

大きな声で笑うというのが大切なことなのです。

神様には七福神のような福の神と貧乏神、疫病神、死神のような災いの神がいて、

大きな声の笑い声が聞こえる家には福の神が来ますし、

喧嘩ばかりしたり、全く会話の無いような家には災いの神がやってくるのです。

幸せの秘訣

楽しいことが無いのに、どうやって笑うんだ、という人には決して福の神は来ません。

楽しいことは、作ろうとしても中々出来ないもので、

特にあまり会話の無いような家庭では、笑うということを忘れてしまっているのです。

しかし、無理して笑えることを作り出すのではなくて、

まずは用が無くても笑うのです、おもしろくないから笑わないのではなくて、

笑うことから始めるのです。

その笑いが楽しいことを連れてくるのです。

笑ってさえいれば、必ず福の神がやって来て、幸せになります。

福の神はどんどん幸せを運んで来るので、笑えば笑うほど幸せになるのです。

それが幸せになるための秘訣なのです。

家族の会話が無くて、辛い、しんどい、面白くない、とばかり言っていたら、

貧乏神、疫病神、死神の格好の餌食になってしまいます。

こういった災いの神は、相手が苦しめば苦しむほど喜ぶので、

どんどん不幸になってしまいます。

笑うということは、お金がかかりません、タダで出来ることです、

しかし、このタダでできることを侮ってはいけません、

実は幸せのための大切な秘訣が隠されているのです。

七福神は今日も笑って、笑って、人々を幸せにしているのです、

あなたのすぐ傍に福の神はいます、今すぐにも幸せになれるのです。