火の効用

都会で生活していますと、火というものに直接かかわることが少ないですね。

私の所では冬の暖房は石油ファンヒーターで、

スイッチを押したら勝手に点いてくれて、確かに温かい風がどんどん出てくるのですが、

そういえば火が見えないですね。

よく見てみると、温風の出口のすき間から少しだけ見えています。

ファンヒーターの火

温かくしてくれている主役の火が、こんなに小さく閉じ込められているせいで、

火の恩恵を感じることなく温かく過ごしているのは、ちょっと罪悪感を感じます。

そういえば高野山大学に通っている時のことですけれど、

高野山の中腹の神谷という所に下宿させて頂いてましたが、

そこは以前に旅館だった屋敷で、風呂も台所もマキを焚くようになっており、

大学から帰って風呂を焚き、かまどでご飯を作るだけで

あっという間に一日が終わっていました。

焚き物は、高野山の木札を作る工場から無料でもらってきていました。

でもあの頃は毎日メラメラと燃える火を見ていて、

とても落ち着いた穏やかな日々が過ごせておりました。

今では大きな火とご対面するのは、お焚き上げの時ぐらいなものでしょうか。

火にはいろんな効用があるのですが、また次回にでも書かせて頂きます。