お焚き上げ供養

お焚き上げ供養とは、礼拝の対象となった神仏や亡き人の魂が宿るものが

不要になってしまった時に、ゴミとして捨てるのではなく、

魂を抜いて、その抜いたものを護摩の火で焚くことです。

例えば御守や御札(おふだ)、御守や御札の中にはご神体と言える梵字や文字が

書かれた部分があり、神社やお寺では、ご神体を拝み込みしてから

配布していますので、皆さんがお家にお祀りしている御札は、

そこの神様が出張して下さっているということなのです。

但し、御札でしたら、御札の効力として、

仏像などの御神体でしたら、ご神体の効力として、位置付けが決まっています。

位牌もそうです、位牌に文字を彫り込んだだけでは、

位牌としてお祀りしていても効果がありません。

文字を彫り込んだ位牌を開眼供養した時に、初めて魂が入れられるのです。

このようにして魂が籠ったものは、そのまま捨ててしまうと、

神仏やご先祖様に大変に失礼なことをしてしまうのです。

お焚き上げ供養というものは、こういったものに対して、

失礼にならないように、魂を抜いて供養してから焚き上げることにより、

魂も魂が籠っていた物も、両方が天に還ることが出来るのです。