桜

高野山真言宗やすらか庵の近くの大池という公園の桜です。

ここ1週間ほどの季節の変化はすさまじく、

花が次から次と咲いて咲いて咲きまくり、

季節のカーテンが一気にぱっと開かれたような感じです。

大気の状態というか、周りの雰囲気が躍動感ある春夏モードになっていて、

その活き活きとしたリズムが伝わってきます。

それにしても自然の動植物は、このような急激な変化にも付いて行くのが素晴らしい、

私の体はガタがきていて、ギーギーと音がしています。

ちょうどお彼岸の頃に亡くなる人が多いのも自然の摂理です。

春の彼岸は寒い冬から温かい春に変わり、命が芽吹く時です、

人間の体の中の細胞も芽吹くのですが、

歳を取ってくると、その芽吹く力に負けてしまうのです。

その芽吹く力を頂くために、春の山菜を頂くというのは理に適っているのです。

それにしてもこんなペースで暖かくなってきたら、

あっという間に夏になってしまいますよ。

時間を大切に、そして大自然に感謝。