やすらかの森

やすらか庵が所有するやすらかの森は里山という感じで、

古くから人との共存として、利用されてきたようです。

しかし、最近では食料や燃料としての利用が無くなってしまい、

どこも荒れ果てています。イノシシも降りてくるようになりました。

それでも出来る限りそのままの自然を維持していますので、

植生の幅は広く、いろんな木が生えています。

木の名前をあまり知らないのはいけないと思い、

最近は改めて木のことを知るべく少しは勉強中です。

やすらかの森では落葉樹が多いため、冬になると葉を落とし、

枝だけのすっきりとした姿になっており、写真の木はコナラで、

どんぐりが生りますので、動物が良く来るのです。

この木は結構硬くて、またシイタケの原木にも向いていて、

シイタケの原木にも使えるのですが、なかなかそういう利用はされないですよね。

今はすっかり葉を落としていますが、もうすぐ芽吹く季節が到来すれば、

一斉に葉を茂らせ、若い葉の匂いで溢れます。

必ず春になったら芽吹くことは、一度も欠かしたことの無い自然の摂理、

芽吹くことで命が盛んになり、成長するのです。

私達もその大きな力を頂けるのです。