領収書はいつでも発行致します

お焚き上げ供養は遺品整理として使われることが多いために、業者様の御利用もありますし、いつでも発行致します。

遺品整理の費用は

遺品整理の費用は誰が支払うのかと言いますと、亡くなった方の財産から支払うのではなくて、相続人が自分のお金で支払うことが原則で、その理由としては、故人の財産から支払いますと「財産放棄」が出来なくなる恐れがあるからです。

相続人が確定して財産放棄をしない場合でしたら故人の財産から支払うことが出来ますが、現状の財産と収入と支出の管理はしっかりしていないと、思わぬことにお金をどんどん使ってしまい、お金を全部使ってしまったということにもなりかねません。

故人が多額の借金を残していたなどの事実が分かったような場合には財産放棄した方が良い場合もありますので、やはり会計としてはきっちりと分けてしておいた方が良いのです。

お焚き上げを頼まれた場合

知人からお焚き上げを頼まれたり、兄弟間で頼まれたりする時にも領収書があればお金のトラブルにはなりません。

寺院ではお布施などを含めて領収書を発行しない所が多いですが、高野山真言宗やすらか庵では領収書を発行致します。

何人かで依頼する場合

お焚き上げを友人知人や、兄弟などの複数の人数で依頼する場合に、割り勘で支払いするような時にも領収書が必要です。

お金の管理がルーズな人は何かのトラブルがあった時に疑われてしまいます。


高野山真言宗やすらか庵では

会計上の都合や遺品整理の都合上などでお焚き上げ供養の領収書が必要な場合にはお申し出くださいませ。高野山真言宗やすらか庵にお焚き上げ供養品ご持参の場合にはその場でお渡しいたしますし、宅配便ご利用のお焚き上げ供養をご利用の方には郵送も可能で御座います。

定型郵便をご利用の方で領収書が必要な場合にはお手数ですが事前にご連絡の上で、切手を貼った返信用封筒を入れて頂ければ対応させていただきます。

その他仏壇、神棚や大量のお焚き上げ供養品に対してましては適宜領収書を発行させて頂きます。


お焚き上げの質疑応答エンター