どんど焼き

どんど焼き・どんと祭りはお正月に歳神様をお迎えするために飾った門松や松飾りを正月の終わる小正月(1月15日)に焼いて、歳神様を空へお送りするお焚き上げの行事です。

歳神様とは日本古来の神であり、毎年正月にやってくる来訪神のことです。来訪神は一軒一軒の家に来て、厄を払い、福を授ける神であり、正月に飾る餅やミカンの飾り物は、元々歳神様を迎えるためのものであり、門松は歳神様が来訪するための依代であり、鏡餅は歳神様への供え物なのです。

こちらから出かけなくとも一軒一軒の家に福の神が来てくれるのですから、お正月というものは本来、出かけている場合ではないのです。来てくれた神様をお接待することが一年の無病息災に繋がるのです。

七福神も来訪神であり、厄を払い、福を撒いて回ります。家に居ないといけませんが、子供が居りましたら何処かに連れて行ってあげる必要もあり、神様と家族の両方を大切にしながら楽しいお正月を過ごすのが理想なのです。