思いを届けるお焚き上げ

お焚き上げ供養には縁を切る、天に届けるなどの様々な目的がありますが、その中でも「思いを届ける」という目的についての説明でございます。

亡き人の遺品整理をしている時に、思い出の写真が出て来たり、亡き人が大切にしていた物が出て来たりすることがあり、手が止まってしまって楽しい思い出話が尽きずに、こんなこともあったんだなと懐かしい気持ちになってしまいます。

そんな思い出の品であっても遺品整理ですから、基本的には捨てないといけないのですが、捨てるには忍びないですよね、出来る事なら亡き人に届けて差し上げたらさぞや喜んで頂けることでしょう。

そんな時にはお焚き上げ供養の「届ける」ということを利用して亡き人に思い出の品を点まで届けてもらいましょう。

そうすれば大切な思い出を捨ててしまったという事も無く、亡き人に届けて差し上げる事が出来ますので、誰にとっても一番良い方法なのです。