散骨も供養であり、供養は散骨で終わりではありません。生きている限り亡き人は傍にいるのですから、私も生きてい・・・