「魂入れ」タグの記事一覧

仏作って魂入れずとは

戒名、位牌
戒名付き位牌

「仏作って魂入れず」とはせっかく苦労して仏像を作ったのに、最後に魂を入れなかったのに肝心な点が欠いていることの例えですが、仏像や位牌が完成した時には必ず開眼供養と言いまして魂入れを行うものです。 魂を入れなかったら仏像は・・・

位牌作成、開眼(魂入れ)済、送料込みで2万円

既に戒名を頂いている故人様の位牌をまだ作っていない方のための企画です。仏具屋さんで位牌を購入すればオプションで文字入れもしてくれますが、完成した後にはお坊さんを呼んで開眼(魂入れ)供養をしてもらう必要があり、トータルでは・・・

位牌の開眼(魂入れ)供養は1柱1万2千円

せっかく位牌を作っても開眼(魂入れ)供養をしていなかったら、立派なお位牌でも只の板切れと同じです。位牌というものは、亡き人の魂が入ってこそ礼拝の対象となり、守って頂けるものとなるのです。 位牌の開眼(魂入れ)供養 仏具屋・・・

ページの先頭へ