「2018年3月」の記事一覧

月と桜のコラボ

供養

仕事で茨城の如来寺にやってきました。 桜が少しだけ咲いていますが、まだ蕾、 ふと見上げると昼間の月が綺麗です。 ものすごい距離があるものの美しい瞬間を同時に見れるなんて、 実に幸せなことです。 場所:月が上にあって、桜が・・・

御札やお守りの期限は1年間です

お焚き上げ
御札やお守りの期限

家内安全や商売繁盛などの御札は皆さん、 年始の初詣の時に古い御札を持って行ってお返しし、 新しい御札を貰ってくるのが通例です。 家にお祀りするこのような御札は一年間有効であり、 頂いた寺社にお返しするというのが礼儀です。・・・

多磨霊園にて

供養
多磨霊園-供養

ここは多磨霊園合葬墓です、私が墓じまいをしてここに納められたお遺骨も 眠っております。供養の読経をあげさせて頂きました。 いつもは車の中にお線香とライターは積んでいるのですが、 今日は忘れていました。 しかし、多磨霊園の・・・

「ありがとう」は仏教用語である

仏教
ありがとう

  法句経(ほっくきょう)は最も古い部類の経典であり、 釈迦の言葉がそのまま残っていると言われている詩集です。 その中に「人の生を享くるは難く やがて死すべきもの 今いのちあるは 有り難し」 とあり、「人として・・・

断捨離とお焚き上げ

お焚き上げ
お焚き上げのすすめ

お釈迦様の仏教を実践する僧侶は本来欲を離れて超越すべきなのですが、 意外と僧侶の方が俗世間の人よりより良い物をより多く持っていて、 所謂「欲の固まり」となってしまっている方が多いのが現状です。 私に関しては仕事の物はたく・・・

椿が咲き出した

高野山真言宗やすらか庵
やすらか庵-椿

花というものは、子孫を残すための営みで、 鳥や虫を引き付けるために綺麗であるということは分かるのですが、 そうしようと思って咲かせているのではなくて、 何も考えなくても綺麗な花を咲かすというのは、実に不思議なことですね。・・・

ページの先頭へ