毘沙門天は仏法を護る四天王としては北方を守護する多聞天と言われ、七福神としても宝船の船頭役として活躍されています。


毘沙門天メニュー


毘沙門天信仰

仏法では人が死後に生まれ変わり死に変わりする輪廻転生する世界を六道と言い、前世の行いによって下の地獄の世界から上の天界までが存在します。

六道とは地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天の世界で、天界は六道の中では最上位にあります。

クベーラ神

毘沙門天とは

毘沙門天はインドのヒンドゥー教の戦いの神クベーラ神が仏教に取り入れられてから毘沙門天になったと言われます。

毘沙門天

四天王としての毘沙門天

四天王-多聞天

毘沙門天は天界の仏国土の四方を守護する四天王の中では東方-持国天、南方-増長天、西方-広目天、北方-多聞天となり、北方の守護神となります。この場合には多聞天と言われます。

七福神としての毘沙門天

また、我が国では七福神の中の神としても登場します。

七福神

神様が7人揃って宝船に乗り、金銀財宝を皆に届けるという七福神信仰は縁起の良い目出度い神として古来より祀られています。

恵比須天、大黒天、毘沙門天、福禄寿、寿老人、弁財天、布袋尊の中に加わり、宝船に乗って幸せを届ける福徳神としての信仰であり、毘沙門天は船の安全を守り外敵を防ぎ、行先を支持する船頭神としての存在です。

単独での毘沙門天

毘沙門天は単独でお祀りされることもあり、兜跋毘沙門天としては唐代に中国の西域に現れ、外敵から国土を守ったと言われ、地天女の上に立ち、二鬼(尼藍婆、毘藍婆)を従えます。

毘沙門天

家族神としての毘沙門天

また、妃が吉祥天女、子供が善膩師童子であり、夫婦、家族和合の神でもあるのです。

仏法ではこのように家族の形でいるということはとても珍しく、悟りを目指す仏法では家族であるということはむしろ執着を増すことかもしれませんが、毘沙門天のおられる世界が、私達人間の世界のすぐ上で、身近にあること、そして天部としては天界の入り口にあって、仏法を最も分かりやすい形で説く使命があることを思えば、おまけに家族の形をとっていることから、私達と同じ立場でおられながらも高度な仏法を実践しておられるのです。

毘沙門天の使命

毘沙門天は常に私達の身近な所におられ、皆が真の幸せになることを願っており、自己満足ではない、他を思いやる気持ちでお願いすれば強大な力で願いが叶います。

しかし自分勝手なことや、他に対する思いやりのないことをしていますと、大変に叱られてしまいます。

神仏は利用するものではありません、私達の目に見える世界と目に見えない世界は隣り合わせ、少なくとも自分が幸せになろうと思ったら、目に見えない世界を無視しては幸せにならないものなのです。

目に見える世界だけを一生懸命に見て、何故幸せにならないのだろうと周りを見回していても、決して気付かないこともあるのです。

お釈迦様の悟りとは、第3の目、つまりもう一つの心の目が覚めたということで、もう一つの目を通して世の中を見てみると、今まで分からなかったことも分かってくるのです。

真の幸せ

幸せとは自分が満足することも幸せですが、こういった幸せは欲望と隣り合わせで、満足しても満足してもまた次の新しい欲望が湧いてきます。

より強い欲望を満足させようとしたら、知らない内に他人を傷つけていることもあるのです。

こうなってしまったら、もはや幸せではありません。幸せとは、高いお金を出して遠くにあるものではなくて、案外すぐ身近な所にあるものです、病気になった人にとってみれば、日常の普通の健康というものが、大いなる幸せに見えます。

災害で家を無くしてしまった人にとってみれば、普通の家で普通に暮らしていることがどんなに幸せに映ることでしょう。

幸せとは、普通の日常の中で、「ありがとう」、「良かったね」と感謝の言葉を口に出して言うことなのです。心に思っているだけではいけません、必ず声に出して言うのです。声に出して言えば言霊になります、

言えば言うほどループして有難い空間が出来てくるのです。お経もそうです、真言(マントラ)もそうです。神々の言葉は私達の発する言葉とは違いますが、共通の波長とリズムはあるのです。

そして他の苦しみを取り除いて幸せになったことを喜ぶ幸せは、もっと次元の高い幸せであり、仏の世界の幸せとも通じますので、より高い幸せを目指していきましょう。