天界、天道

天界のイラスト

天界、天道とは衆生が輪廻転生する六道の最上部であり、人間界の上にある天人の住む世界のこと。

天界の場所

三千大千世界

私達の世界は仏教に於いては三千大千世界と呼ばれる世界の一つであり、三界で構成され、三界とは欲望に満ちた「欲界」、色はあるが欲望が無い「色界」、色や欲望から離れた「無色界」のことです。

須弥山にあって、欲望がまだ残る色界の六欲天、色はあるが欲望が無い色界の初禅天、第二禅天、第三禅天、第四禅天、色や欲望から離れた無色界の無色天から成ります。

六欲天とは

六欲天とは天界の中でも人間界に近い世界であり、欲望が残る世界のことです。

他化自在天

他化自在天(たけじざいてん)とは欲界の最高位で、六欲天の第6天になります。

天魔波旬が住むとされます。

化楽天

化楽天(けらくてん)とは六欲天の第5天になります。

この天に住む者は、自己の対境(五境)を変化して娯楽の境にすることが出来ます。

兜率天

兜率天(とそつてん)とは六欲天の第4天になります。

須弥山の頂上で、高さが12由旬の処にあります。

夜摩天

夜摩天(やまてん)とは六欲天の第3天になります。

時に随って快楽を受くることが出来る世界です。

忉利天

忉利天(とうりてん)とは三十三天とも言われ、六欲天の第2天になります。

須弥山の頂上で閻浮提の上、高さ8万由旬の処にあり、帝釈天が居ます。

四大王衆天

四大王衆天(しだいおうしゅてん)とは六欲天の第1天になります。

四天王と言われる持国天、増長天、広目天、多聞天の四天王がいる場所。

色天とは

欲望からは解放されたが、色はまだ有している世界。禅定の段階により大きく4つに分けられます。

☆第四禅天(色究竟天・善見天・善現天・無熱天・無煩天・広果天・無想天・福生天・無雲天)

色究竟天

色究竟天(しきくぎょうてん)とは色界に於ける最高の天。

阿迦尼吒天(あかにたてん)とも言い、天人の身長が16,000由旬、寿命が16,000劫。

この天より上は肉体や物質が存在しない無色界になり、形体を有する天処の究る場所であるから、色究竟天と呼ばれます。

善見天

善見天(ぜんけんてん)とは色界に於ける下から17番目の天。

天人の身長は身長が8,000由旬、寿命が8,000劫。

障碍(さまたげ)なく、よく十方を見ること、自由自在なるがゆえに、善見天と名づく。

善現天

善現天(ぜんげんてん)とは色界に於ける下から16番目の天。

この天は、善妙の果報が現れるので、善現天と名づく。

天人の身長が4,000由旬、寿命が4,000劫。

無熱天

無熱天(むねつてん)とは色界に於ける下から15番目の天。

この天は、依も処もなく清涼自在にして、熱悩がないので無熱天と名づく。

天人の身長が2,000由旬、寿命が2,000劫。

無煩天

無煩天(むぼんてん)とは色界に於ける下から14番目の天。

この天は、欲界の苦も色界の楽も共に離れて心身を煩わすものがないので、無煩天と名づく。

天人の身長が1,000由旬、寿命が1,000劫。

広果天

広果天(こうかてん)とは色界に於ける下から13番目の天。

この天に生れた者は、無想有情で、あらゆる心想(精神作用)がないので、無想天という。

天人の身長が500由旬、寿命が500劫。

無想天

広果天と同じに扱われています。

無想天(むそうてん)とは色界に於ける下から12番目の天。

この天に生れた者は、無想有情で、あらゆる心想(精神作用)がないので、無想天という。

福生天

福生天(ふくしょうてん)とは色界に於ける下から11番目の天。

凡夫で勝れた福ある者が往生して生まれ変わる場所であるため、福生天と言う。

天人の身長が250由旬、寿命が250劫。

無雲天

無雲天(むうんてん)とは色界に於ける下から10番目の天。

雲のない最初の場所であるため無雲天と言う。

天人の身長が125由旬、寿命が125劫。

☆第三禅天(遍照天・無量浄天・少浄天)

遍浄天

遍浄天(へんじょうてん)とは色界に於ける下から9番目の天。

この天は、快楽と清浄が周遍(あまねくまわる)、また浄光が周遍するので、遍照天と名づく。

天人の身長が64由旬、寿命が64劫。

無量浄天

無量浄天(むりょうじょうてん)とは色界に於ける下から8番目の天。

この天は、楽受(楽しき感覚)があり、下部の少浄天に比較すると、勝妙で量りがたいので、無量浄天と名づく。

天人の身長が32由旬、寿命が32劫。

少浄天

少浄天(しょうじょうてん)とは色界に於ける下から7番目の天。

この天は、意識に楽受(楽しき感覚)があり、清浄であるため、また色界の第三禅の最劣なる意であるので少浄天と名づく。

天人は身長が16由旬、寿命が16劫。

☆第二禅天(光音天・無量光天・少光天)

光音天

光音天(こうおんてん)とは色界に於ける下から6番目の天で、極光浄天とも言います。

この天は、音声がなく、何かを語るときには口から浄らかな光を発して言語の作用とするので、光音天と名づく。

天人の身長が8由旬、寿命が8劫。

無量光天

無量光天(むりょうこうてん)とは色界に於ける下から5番目の天。

この天は、生れると身体より無量の光明を放つので、無量光天という。

天人の身長が4由旬、寿命が4劫。

少光天

少光天(しょうこうてん)とは色界に於ける下から4番目の天。

この天は、生れると身体より光明を放つが、上部の無量光天よりも少ないので、少光天という。

天人の身長が2由旬、寿命が2劫。

☆初禅天(大梵天・梵輔天・梵衆天)

大梵天

大梵天(だいぼんてん)とは色界に於ける下から3番目の天。

初禅三天(大梵天・梵輔天・梵衆天)の中では最高位となる梵天の住む処。

天人の身長が1.5由旬、寿命が1.5劫。

梵輔天

梵輔天(ぼんほてん)とは色界に於ける下から2番目の天。

梵天の手前の天には、護衛たちが居並んでいる。そのため梵輔天と言う。

天人の身長が1由旬、寿命が1劫。

梵衆天

梵衆天(ぼんしゅうてん)とは色界に於ける下から第1番目の天。

梵天が所有したり化身したり支配する天衆がいるため、梵衆天という。

天人の身長が0.5由旬、寿命が0.5劫。

無色天とは

天部の最高部に位置し、欲望も物質的条件も超越し、ただ精神作用にのみ住む世界であり、禅定に住している世界のこと。

非想非非想処

非想非非想処は非有想非無想処、有頂天とも言われ、無色界の最高の天。

何物も無しと思惟する定を超えて極めて昧劣な想のみが存在する定。

有における天界の最上部であるため、これ以上の物は無いということでの最高の喜びのことを有頂天とも呼ばれます。

無所有処

無所有処とは無色界の下から数えて第3天になります。いかなるものもそこに存在しない三昧の境地。

何も存在しないと観察し達観する事です。

識無辺処

識無辺処とは無色界の下から数えて第2天になります。

認識作用の無辺性についての三昧の境地であり、識は無限大であると思惟する定。

空無辺処

空無辺処とは無色界の一番下の第1天になります。

物質的存在がまったく無い空間の無限性についての三昧の境地であり、空間が無限大であると思惟する定。