「先祖供養と散骨」の記事一覧

檀家制度とは

先祖供養と散骨
旦那寺

檀家制度について 檀家制度とは亡くなった人の葬儀、法事、先祖供養などを行う檀那寺(だんなでら)と、供養を通して寺院と僧侶を金銭的に支援する檀家(だんか)との関係を言い、寺請制度、寺檀制度とも言います。 江戸時代の寺請制度・・・

永代供養とは

先祖供養と散骨
合葬墓とは

永代供養について 永代供養とは後継者が居ない人が管理するお墓を墓じまいして、お墓に納められていた遺骨を寺院や納骨堂などで後継者が居なくても永代に亘って預かるという方法です。 永代供養は何処でする? 永代供養という言葉自体・・・

彼岸とは

先祖供養と散骨
彼岸とは

彼岸とは 彼岸とは我が国の季節の変わり目を示す雑節(ざっせつ)の一つで春分の人秋分の日を中日とした前後3日間を合わせた14日間のことです。 仏教的な意味 彼岸は仏教ではサンスクリット語でpāram(パーラム)と言い、仏教・・・

無縁仏と地獄

先祖供養と散骨
忘れ去られる存在-無縁仏

無縁仏について 無縁仏とは供養や管理する人の居なくなったお墓、或いは住所不定などで引き取る人の居ない遺骨のことを言います。 無縁仏は増えている 今の時代は人口の減少、少子高齢化、核家族化の進行に歯止めがかかることなく、高・・・

いつものお盆

先祖供養と散骨
いつものお盆

お墓というものは普段は人の気配が無くて寂しい所ですが、お盆に明りが灯れば人とご先祖の気配が感じられるようになります。 LEDの灯りに慣れてしまった私達は黄色くてぼんやりした灯りを見ることが少なくなりましたが、それでも灯明・・・

ページの先頭へ