「散骨、樹木葬、墓じまい」の記事一覧

散骨、墓じまい、樹木葬

後継者が居ないなどの理由でお墓を片付けることを墓じまいと言います。

墓じまいする時にはお墓から遺骨を取り出して永代供養にするか、最近知友目の樹木葬にするか、或いは海や山の大自然に還る散骨供養にするかなどの選択肢があります。

核家族化について

散骨、樹木葬、墓じまい
同じ家

核家族化とは 核家族化とは夫婦とその未婚の子供で構成される家族のことで、親夫婦と子夫婦、孫夫婦などが世代別にそれぞれの単独の世帯として住んでいる形態のこと。 大家族制度について 我が国では特に地方に於いて親夫婦と子夫婦、・・・

少子高齢化とは

散骨、樹木葬、墓じまい
お墓参りのイラスト

少子高齢化とは 少子高齢化とは生まれてくる子供が減って、高齢者が増えていき、人口が減っている状態の社会のこと。 少子化について 国が経済的に豊かになって個人の価値観が多様化し、男女の役割の区別が少なくなって女性の社会進出・・・

土葬とは

散骨、樹木葬、墓じまい
遺骨収集

土葬とは 土葬は亡くなった人の遺体を棺桶に入れて土の中に埋め、長い時間をかけて腐敗させて土に還すという葬送の方法です。 土葬の歴史 「餓鬼草紙」より抜粋 土葬は穴を掘って亡き人の遺体を埋めるという方法で、場合によっては埋・・・

火葬とは

散骨、樹木葬、墓じまい
火葬場のイラスト

火葬とは 火葬とは亡くなった人の葬送の手段として遺体を火で焼くことです。 火葬の歴史 縄文時代の遺跡からも火葬の遺骨が出土することから、古くから行われていた方法であり、文献上に残るものとしては、文武天皇4年(700)に火・・・

お墓の後継者が居ない時

散骨、樹木葬、墓じまい
幸せとは

後継者とは 跡継ぎの人、前の人の役割や権限、または財産などを引き継ぐ人のこと。 後継者と継承者の違い どちらも先代や先任者などの地位や身分、財産、権利、義務を受け継ぐ者という意味は同じなのですが、後継者の場合には親の物を・・・

船底掃除

散骨、樹木葬、墓じまい
船底掃除

船というものは大変に手間がかかるもので、釣り好きな人が憧れるマイボートも、所有して当分の間は維持することの面倒さも全く苦にはなりませんが、釣りにあまり行けなくなってしまったら、維持することが苦痛になってきます。 船を買っ・・・

やすらかの森のアザミ

散骨、樹木葬、墓じまい
やすらかの森のアザミ

やすらかの森は道路に車を止めてから田んぼの畦道を歩いていくのですが、のどかな風景の中にも自然の花が咲いていて、季節の移り変わりを知ることが出来ます。 アザミがちょうど咲いていましたが、昔はどこにでも普通に咲いている雑草な・・・

四十九日と散骨供養

散骨、樹木葬、墓じまい
散骨供養と四十九日

亡き人の魂は四十九日かけてこの世とあの世の間を渡り切り、四十九日になれば彼岸(あの世)に到達したということで、要するにご先祖の世界に入ったという事で四十九日の法要をして供養を手向け、お墓のある場合にはお遺骨をお墓に持って・・・

激安散骨で彷徨う無縁仏達

散骨、樹木葬、墓じまい
無縁仏

今の日本の状況を表す言葉として、高齢化社会という言葉はよく耳にしますが、高齢化社会の次には多死社会が到来します。 多死社会とは、生まれてくる人の数よりも亡くなる人の数の方が多い社会のことで、高齢化を迎えた人達が次々と亡く・・・

ページの先頭へ