「毘沙門天信仰」の記事一覧

毘沙門天信仰

毘沙門天は私達の世界と隣接して民の幸せのために活動されています。

毘沙門天信仰は妃の吉祥天女と子の善膩師童子を伴った家族和合のための教えとして、毘沙門天開運法は毘沙門天の力を私達の生活の中に活かして開運していく方法を説きます。

自惚れ(うぬぼれ)とは

毘沙門天信仰
自惚れのイラスト

自惚れとは 自惚れ(うぬぼれ)とは自分で自分に惚れることで、実際の実力以上に自分が優れていると思い込んでおごり高ぶること。 自分を高く相手を低く 自惚れの基本にあるものは「自分を高く相手を低く」見る物差しを自分が作り上げ・・・

信頼とは

毘沙門天信仰
信頼とは

信頼とは 信頼とは信じて頼りにすること、そして頼りになることを信じることです。 信じるとは 信じるとは相手の言葉や行いが今はもちろんのこと、将来も正しいことであると疑わないことです。 人を騙したり、嘘をつく人、悪い行いを・・・

報復と復讐の連鎖

毘沙門天信仰
戦車のイラスト

報復、復讐とは 報復、復讐とは相手から受けた不当な行為に対して仕返しをすること。 やられたらやり返す 「やられたらやり返す」「目には目を歯には歯を」などの復讐の言葉がある裏には、自分が受けた不利益に関しては同じような仕返・・・

利己主義、エゴイズムとは

毘沙門天信仰
我慢する事

利己主義とは 利己主義とは自分の立場や利益ばかりを考えて他人や社会などのことを考えることなく自分勝手でわがままに振る舞うことで、自己中心主義、エゴイズムとも言います。 満足の正体 私達人間の本性としては、自らの心の底から・・・

不治の病を宣告されたら

毘沙門天信仰
不治の病

不治の病とは 不治の病とは医学で治すことが出来ない病気のことで、かつてはペストや結核などが不治の病と言われてきましたが、今では末期ガン、パーキンソン病などが該当し、根本的な治療法が無く、延命や痛みを和らげることが治療の主・・・

隣に必ず居る「ならず者」

毘沙門天信仰
ならず者のイラスト

ならず者とは ならず者とは「不成者」と書き「どうにも成らない者」という意味で、社会の一員としての義務や役割を果たさない厄介者ということ。 常識が通用しない人 世の中には常識と言うものがあって、社会の中で生きていくために誰・・・

安心は仏教語です

毘沙門天信仰
安心とは

安心(あんじん)とは 一般的に使われる安心(あんしん)は気にかかることが無くて心が穏やかな事ですが、仏教では安心(あんじん)と言い、仏法の功徳によって得られた迷いの無い安らぎの境地のこと。 安心の境地 安心とは心穏やかで・・・

家内安全とは

毘沙門天信仰
家族写真のお焚き上げ

家内安全 家内安全とは家と家族の者が災難なく平和で無事な様子のこと。 家内安全は世界共通の願い 世界中どこの国の人であっても家族があって家に住み、皆で生活しているという姿は変わらないもので、家族が仲良く平和に暮らせること・・・

ページの先頭へ