「真言宗」の記事一覧

弘法大師空海が平安時代に開いた真言宗は仏教の中でも密教の世界を世に示し、様々な宗派を生みだしました。

私達は今でも座禅瞑想していると言われる弘法大師の意志を受け継ぎ、密厳浄土を広めるための活動を続けていく必要があります。

通夜とは

真言宗
通夜

通夜とは 通夜とは死者の傍に居て思い出話などをする夜を徹した儀式のこと。 仏教的意味 釈迦の入滅の正確な時期は今でも分かっていませんが、一説によれば紀元前383年2月15日の満月の夜から7日間に亘って、昼夜を分かたず弟子・・・

磐座(いわくら)とは

真言宗
磐座とは

磐座とは 磐座(いわくら)とは神様がお座りになる場所の事で「磐」がどっしりと安定した大きな石で「座」が地面に座っていることを表し、神の居る場所の事でしたが、大きな岩そのものが信仰の対象になることもあります。 神の依り代 ・・・

大元帥明王とは-姿と特徴、功徳、真言

真言宗
大元帥明王のイラスト

大元帥明王とは 大元帥明王(だいげんすうみょうおう)はインド神話における鬼神「アータヴァカ」であり「林に住む大将」という意味で、毘沙門天の眷属の八大夜叉大将に含まれます。 真言密教においては「帥」の字は発音せず「たいげん・・・

忿怒尊とは

真言宗
忿怒尊のイラスト

忿怒尊(ふんぬそん)とは 忿怒尊とは密教の明王などの、悪を払い調伏して仏法に導くために、怒りの表情で威圧する神仏のこと。 忿怒尊の役割 仏の種類には悟りの度合いによって「如来」「菩薩」「明王」「天部」に分けられ、悟りを得・・・

常識とは

真言宗
常識のイラスト

常識とは 常識とは一般の人達が当然のこととして認めている意見や礼儀、マナー、ルールなどの判断や知識のこと。 常識の由来 「常」は「尚」と「巾」から成り立ち、「尚」が「長い」という意味で、古代に二ひろの長さの布を王の旗とし・・・

俗世間とは

真言宗
所有欲

俗世間とは 俗世間とは仏門に入る出世間とは対照的に仏道に縁が無く、煩悩にまみれて暮らしている一般の人達の世界のこと。 俗とは 「俗」とは世の中の欲望に染まった卑しいさまを言います。 「俗っぽい」とは物事や性格などがありふ・・・

ページの先頭へ