空海

空海は真言宗の開祖です、今では弘法大師として民衆の救済のために高野山奥の院で座禅を続けていると信仰されており、世界遺産となった高野山奥の院には世界中から多くの人々が訪れています。

空海とは

空海は774年、讃岐国多度郡屏風ヶ浦(現在の善通寺市)に佐伯直田公(さえきのあたいたきみ)と玉寄姫(たまよりひめ)の三男として生まれました。

幼名を真魚(まお)と呼ばれ、幼少時より聡明だった真魚は、母の兄である伊予親王の侍講を務める大学者、阿刀大足(あとのおおたり)から目を付けられて、齢15歳にして、788年には都である長岡京に呼び寄せられて、学問の道に進みました。

沙門との出会い

伯父の下で3年間学び、18歳にして今日の大学に入学。成績は常に優秀で、このまま進めば間違いなく当時のエリートである官吏になれるはずであった。

しかし幼少より宗教心に目覚め、真に人として生きる道を求めていた真魚にとって、大学での学問の習得、さらには用意されたエリートの道を歩むことに満足出来るはずはなかったのです。

そういう時に一人の沙門(官の資格を持たない修行僧)と出会い、「虚空蔵求聞持法」という行法を授かる。この行法はただひたすらに虚空蔵菩薩の真言「ノウボウ アキャシャ キャラバヤ オン アリキャ マリボリ ソワカ」を100万編唱え続けるという荒行で、途中で止めることを許されない、命がけの行だが、成満すれば虚空蔵菩薩の無限の智慧を授かると言われ、一度聞いたことを決して忘れない記憶力と、真理を見極める判断力が身に付くという行法なのです。

とある沙門と知り合ってから間もなくして、真魚は突然大学から消えたのでした。

明けの明星が飛び込む

大学を飛び出してからの正確な足跡は不明です、山岳修行の日々を過ごし、室戸岬の崖の上に座禅を組み、虚空蔵求聞持法を修行していた時に金星が真魚の口の中に飛び込んできたのです。

金星は虚空蔵菩薩の化身と言われ、この体験は虚空蔵求聞持法の最終段階になると言われています。

修行の日々

その後も修行の日々は続き、夢の中で「大和国高市郡の久米寺」に行くようお告げがあり、密教の真髄である「大日経」ど出会い、毎日読みふけるが、その奥義を習得するには唐に渡るしかないと確信するのです。

この時の真魚は30歳で、まだ正式な僧ではなくて、私度僧でしかなかったのです。

遣唐使

唐に渡るには正式な僧である官僧になることが必要で、31歳の4月に東大寺に行き正式に得度し、この時に僧名を「空海」と改め、その翌月には第16次遣唐使の第1船に乗り込み、難波津を出港したのです。

遣唐使と言っても国家的な使命を担った役割であり、ある程度の地位や実績のある者しか選定されないにも拘わらず、得度したばかりの空海が選出されたことは、何か大きな力が加わったのではないかと思われますが、やはり虚空蔵求聞持法を成就した不思議な力が働いたとしか思えないのです。

難波津を出発した遣唐船は嵐に会い、仲間の船の第3船と第4船は消え去ってしまうが、空海の乗る第1船は唐の最南端である赤岸鎮(せきがんちん)へと漂着するも、不審がられて、大使の藤原葛野麻呂(ふじわらのかどのまろ)が上陸願いを出しても受け入れられず、困っていたところ、空海が代筆すると承認されたのです。

しかし赤岸鎮から都の長安までの約4000キロの道のりの旅を経て長安城明徳門をくぐった時には12月になっていたのでした。

唐での求法

唐では西明寺(さいみょうじ)、醴泉寺(れいせんじ)で梵語、バラモン哲学などを学び、道教、儒教、イスラム教、ゾロアスター教、マニ教をはじめ、書道、芸術などあらゆるものを吸収したのです。

密教の奥儀青龍寺

805年9月になると空海は密教の奥義を求めて青龍寺の門をくぐります。そこには病身の恵果(けいか)阿闍梨が待っていて、空海が来ることを悟っていたかのように、全ての法を授けることを伝えたのです。

恵果は大勢の弟子がいるにも関わらず法の伝承者に空海を指名したのは、一つの寺院が残ることよりも、法と言う宝物が遠くにまで伝わっていくことを望んだのです。

それからというもの、恵果は空海に胎蔵界灌頂、さらには金剛界灌頂を授け、阿闍梨の伝法灌頂を授け、最低でも10年はかかる密教の奥義をたったの3か月で伝授し、「遍照金剛」の位を授けたのです。さらには経典、法具、曼陀羅などを授けられ、密教の正式な伝承者となったのです。

全てを空海に伝授し終わった恵果は、この年の12月15日に入寂しました。まるで空海の来ることを待っていたかのような最後は、法の伝授の不思議なご縁というものを感じざるを得ません。

帰国を決意

入唐してまだ1年と少ししか経過していないが、目的を達成してしまった空海は、これ以上唐に留まる理由はないのですが、遣唐使の修学期間が20年と決められているので、勝手に帰国したりすれば、重い罪になることは間違いありません。

しかし、空海は帰国を決意し、この時に密教の道場の場所を祈願して投げた三鈷杵は高野山の三鈷の松として有名です。そして帰国の船では再び嵐に遭い、空海の祈りで出現したのが不動明王で、高野山の南院にお祀りされています。

帰国

806年10月に帰国した空海は、持ち帰ったものを整理して「御請来目録」を書き上げ、朝廷に提出したが、遣唐使の規約を破った犯罪者でもあるので、大宰府の観世音寺に留まりながら、諸国を修行する日々を送っていたのです。

その頃朝廷では薬子の変が勃発し嵯峨天皇と先帝との勢力争いで都が分裂の危機に陥っており、帝に呼ばれた空海は国難を鎮めるために高雄山寺に入寺して「仁王経法」を修することによって薬子の変は平定され、これを機に空海の評判は瞬く間に全国に広まりました。

高野山

816年より密教の道場を建立すべく旅に出た空海は旅の途中で高野山に導かれ、唐より投げた三鈷杵を見つけ、帝に高野山の下賜を願い、勅許を得たのです。

朝廷から讃岐国の満濃池の修復という難工事を頼まれた空海は高野山の建立、造営は弟子の実慧と泰範に任せて密厳浄土の建設をしながらも、満濃池の修復工事を短期間で済ませるという活躍ぶりで、もはや朝廷にとっとは、なくてはならない存在になっていたのです。

真言宗

823年1月には帝より東寺を下賜され、空海は教王護国寺と名付けて真言密教の根本道場とし、真言宗が確立した。同年の4月には嵯峨天皇は譲位して淳和天皇となった治世の翌年には全国的な大干ばつとなり、全国に死者が溢れ、国家的な問題となっていたため、東西両寺の高徳に請雨の修法を依頼するも効果は表れなかった。

そこで帝に請雨の修法を命じられた空海は、神泉苑にて「請雨経法」を修法するとその1週間後には全国的に雨が降り、大干ばつが解決したことで、空海の名は再び全国に広まったのです。

当時の国学や大学は貴族や豪族の子弟しか入学できなかったことを憂い、823年には庶民の教育のための学校「綜芸種智院」を創設し、誰でも入学出来て授業料が無料とし、密教の浄土である密厳浄土の普及に尽力したのです。

入定

その後も密厳浄土の実現に東奔西走し、830年には「秘密曼陀羅十住心論」と「秘蔵宝鑰」を著して翌年6月には弟子の真雅(しんが)に伝法灌頂を授けた後病に倒れる。832年8月にはまだ建設中の根本大塔にて万灯万華会を営み、「虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願ひも尽きなむ」という衆生済度の誓願を立てたのです。

その後ひたすらに瞑想の日々を送り835年3月には弟子たちを呼び集め、自らは禅定を続けて後のことを弟子に任せると伝えた後、御歳62にて3月21日には入定して即身成仏されました。

その後も奥の院で禅定を続けているとして、弘法大師信仰は現代に受け継がれています。