即身成仏とは

弘法大師空海

即身成仏とは真言密教に於ける最高の境地で、生身の体を持ったままで大日如来と一体化すること。

釈迦の成仏

釈迦の説法

コーサラ国の属国であるシャーキヤ国の国王シュッドーダナを父とし、隣国コーリヤの執政アヌシャーキャの娘マーヤーを母として生まれた釈迦は本名をガウタマ・シッダールタ(गौतम सिद्धार्थ Gautama Siddhārtha)と言い、何一つ不自由の無い生活をしていましたが、29歳の時に王城を抜け出して出家して次々と有名な教祖たちに教えを乞うが満足できる内容ではありませんでした。

その後ウルヴェーラーの森に入って6年間様々な難行苦行を行い、最後に水と豆類などで何日も断食行を行うと、釈迦は骨と皮だけになってしまい、村娘スジャータの乳粥の施しを受けた時に難行苦行の無益さを悟った釈迦は体力を回復してピッパラ樹の下に坐して瞑想し、ついに悟りを得ることが出来て仏陀になりました。

生きている実在の人物で仏になったのは釈迦が初めてのことでした。

釈迦の前世

「ジャータカ」と呼ばれる経典は「本生譚」(ほんしょうたん)とも言われ、釈迦の前世の物語で、釈迦が生まれる前に様々な人や動物として生きていた話がまとめられていて、王子だった時に飢えた虎とその7匹の子のためにその身を投げて虎の命を救った「捨身飼虎」(しゃしんしこ)の話や、飢えた聖者を救うために白兎だった釈迦が火の中に飛び込んで身を捧げた「捨身月兎」(しゃしんげっと)などは有名です。

これらの釈迦の前世は果てしない時間続いたとされます。

更に仏教では菩薩となっても、発心してから悟りを開くまでの期間のことを「三阿僧祇劫」(さんあそうぎこう)と言い、50の段階に分かれていて

  • 第一阿僧祇劫…十信・十住・十行・十回向
  • 第二阿僧祇劫…初地~第七地
  • 第三阿僧祇劫…第八地~第十地

これまた長い時間が掛かり、その間「六波羅蜜行」を休まずに続けることが必要ですから、仏になるということは実に大変に時間と労力の掛かることであり、しかもごく限られた者しか成れないのです。

空海と即身成仏

空海

弘法大師空海著の「弁顕密二教論」は顕教と密教とを四つの観点から比較考察し、密教の優越性を説いていますが、その中で「速疾成仏」とされていたものが同じく空海著の「即身成仏義」ではっきりと理論化されています

即身成仏義の核心

即身成仏義の一部ですが核心の部分です、前半4行が「即身」、後半4行が「成仏」の説明

六大無碍にして常に瑜伽なり。
四種曼荼各々離れず。
三密加持して速疾に顕わる。
重々帝網なるを即身と名づく。

法然に薩般若を具足し、
心数心王刹塵に過ぎたり。
各々五智無際智を具す、
円鏡力の故に実覚智なり。

難解な部分で、古より様々な解釈があり、議論されています。

即身成仏義の核心部分の意味

一部分だけを見ても全部が分かる訳ではありません、参考のために8行ですから1~8の番号を付けました

「即身」の部分

①六つの粗大なる存在「六大」は、さえぎるものもなく、常に融合しあっている。

②四種類の曼荼羅は、それぞれ離れることはない。

③仏と我々の身、口、意が、感応し合い、すみやかに悟りの世界が現れる。

④あらゆる身体が、帝釈天の持つ網に付いた宝石の如く、幾重にも重なりあうことを「即身」と言う。

「成仏」の部分

①あらゆるものは、あるがままに、全てを知る智慧を具えていて、

②全ての人には心「心王」と心の作用「心教」が具わっていて、無数に存在している。

③心と心の作用には、五種の如来の智慧と、際限ない智慧が具わっている。

④それらの智慧で鏡の如く真実を照らし出す故に、真実を悟った者となるのである。