虚空蔵菩薩とは

虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩は梵名をアーカーシャガルバ(आकाशगर्भ [Ākāśagarbha])と言い、明けの明星は虚空蔵菩薩の化身とされて、明星天子、大明星天王などと呼ばれることもあります。

虚空蔵菩薩の由来

梵名のアーカーシャガルバは「虚空の母胎」という意味を持ち、その漢訳が「虚空蔵」であることから、「虚空」とは宇宙につながる大空のような空間のことで、「蔵」は入れ物を意味し、広大な宇宙のような無限の智慧と記憶と慈悲を持った菩薩であります。

虚空蔵菩薩の姿

虚空蔵菩薩の姿としては右手に宝剣、左手に如意宝珠を持つものや、法界定印の掌中に五輪塔を持つもの、右手は掌を見せて下げる与願印で左手に如意宝珠を持つものなどがある。第三の目としての三つ目の像容は求聞持法の本尊になります。

虚空蔵求聞持法

虚空蔵求聞持法

虚空蔵求聞持法とは決められた作法に則って虚空蔵菩薩真言「のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか」を1日1万回ずつ100日かけて100万回唱えるという修行法で、この修行法を成満した者はあらゆる経典を瞬時に理解して記憶する能力が得られるという修行法ですが、成満することが大変に困難で、一歩間違えば発狂、死と隣り合わせの荒行です。

弘法大師空海も若い時に大学を飛び出して求道の道を歩みましたが、高知の室戸岬の洞窟、御厨人窟に籠もって虚空蔵求聞持法を修したという話は有名です。

山岳修行の日々を過ごし、高知の室戸岬の崖上に座禅を組み、虚空蔵求聞持法を修行していた時に明けの明星である金星が口の中に飛び込んでくるという不思議な体験をしました。

虚空蔵菩薩の功徳

虚空蔵菩薩は智慧を授かる菩薩として古くからの信仰を集めています。

十三詣り

虚空蔵菩薩には古くから「十三詣り」という習慣がありますが、十三歳になった少年少女が虚空蔵菩薩を本尊とする寺院に参って虚空蔵菩薩の智慧を授かるという信仰で、今でも京都嵐山の法輪寺などの寺院では十三詣りが続けられています。

虚空蔵菩薩を信仰すれば智慧が授かります。

虚空蔵菩薩と十三仏

十三仏としての虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩は仏法の修行に必要な智慧を授け、菩薩としては自らも如来を目指す修行の途中にあって死者を悟りへと導く役割を果たしているのです。

十三仏来迎図は真言宗の法事でよく掛けられる掛け軸ですが、三十三回忌までの死者の案内役としての十三体の仏の中でも一番最後に出てくるのが虚空蔵菩薩なのです。

十三仏の最後が大日如来ではなくて虚空蔵菩薩であるのは、私達に対して完成された姿を目指すのではなくて、共に修行する姿を見せることによって私達を勇気づけようとされているのです。

虚空蔵菩薩の印と真言

虚空蔵菩薩の印と真言は偉大なる智慧の獲得につながります。

虚空蔵菩薩の印

虚空蔵菩薩の印

虚空蔵菩薩の真言

虚空蔵菩薩の真言には二通りあります。

  • 「オン バザラ アラタンノウ オンタラク ソワカ」
  • 「ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンアリキャ マリボリソワカ」