大日如来

大日如来とは

高野山真言宗やすらか庵の本殿の御本尊は大日如来です。密教に於いて大日如来は中心的な仏であり、仏の形はしているが宇宙そのものであり、私達の身の回りに偏在している神羅万象全てに宿るものであります。

大日如来は太陽

大日如来は「大きな日」と書くように、読んで字のごとく太陽のことです。私達の住む宇宙の中心であり、如来の心である「広くて明るくて暖かい」要素を全て持ち合わせ、地球上の命を育み、全く見返りを要求しないエネルギーを出し続けているのです。

私達が住んでいるこの地球も、太陽が無ければやがて氷の世界に変わり、生命の息吹の聞こえない世界になってしまうのです。

私達が生きていけるのも太陽のおかげであり、大日如来のおかげなのです。大日如来は太陽であり、太陽のような存在なのです。

大日如来は宇宙

大日如来は宇宙そのものでもあります。宇宙は無限のエネルギーを持ち、成長しては滅びることを繰り返しています。宇宙の仕組みは最近では随分と分かるようになってきましたけれど、まだ分からないことだらけで、私達が知ることが出来るのは、ほんの少しの世界のことだけなのです。

その宇宙を動かしている大きなエネルギーが大日如来なのであり、真理とは宇宙に偏在するものであり、大日如来を通してその事実を知ることが出来るのです。

自然の中にも大日如来

大日如来は宇宙そのものであり、太陽でもあり、私達の身の回りの大自然にも偏在しています。動物にも植物にも、その中で動いている小さな宇宙があり、大きな宇宙へと繋がっていて、もっと言えば私達の体の中にも宇宙があり、大日如来がおられるのです。

私達の体の中の細胞1つにしても科学がどんなに進んでも1から作り出すことは出来ませんし、小さな宇宙があって隣の小宇宙と連携し合う仕組みを持っている、これが実はすごいことなのだけど、そんなことは全く知らなくても普通に生きていけるのです。

しかし、私達の中の小宇宙の鼓動に耳を澄ませて聞いてみた時に、そして真実の姿を垣間見た時に、言いようのない恐れの気持ちが湧き、大日如来の存在に気付くと共に、自らの成すべきことと、生まれて来た理由というものが分かり始めるのです。

大日如来の姿

大日如来は宇宙そのものですから本来は姿はありませんが、仏像では髪を高く結い上げて宝冠を被り、腕にはブレスレッド、装身具などを付けています。如来としての気高さと太陽にように光り輝く姿を表せば、このような表現しか無いと思います。着飾って贅沢をしている如来ではありません。

大日如来の印

大日如来はその働きによって金剛界の大日如来と胎蔵界の大日如来がおられますが、高野山真言宗やすらか庵の大日如来は金剛界の大日如来です。手で結んでいる印は「智拳印」で、大宇宙に偏在する智慧の悟りの境地を表しています。

大日如来の真言

高野山真言宗やすらか庵では毎朝の勤行で大日如来様のご真言もお唱えいたします。

大日如来の真言(祈りの言葉、マントラ)は金剛界と胎蔵界では違います。

金剛界 オン バザラダト バン

胎蔵界 オン ア ビ ラ ウン ケン

どちらでも使える真言 オン ア ビ ラ ウン ケン バザラダト バン