三千大千世界

三千大千世界とは

三千大千世界とは仏教で一人の仏の説法が行き届く世界のことで、仏国土とも言います。

三千大千世界の構成

須弥山を中心とした日・月・四大州・六欲天・梵天などを含む世界を一世界として、一世界が千個集まった世界を小千世界、更に小千世界が千個集まった世界を大千世界とし、仏教では千世界のことを三千大千世界とも言います。

三千大千世界の成り立ち

風輪、水輪、金輪について

無限の宇宙の拡がりの空間である「虚空」があって、その中に空気のような「風輪」が浮かんでいて、雨が降って「水輪」が出来て、更に水輪の成分が凝縮して「金輪」が出来、その上に地面の要素である「地輪」が出来た上に世界が乗っているのです。

金輪は大地に接している底にあたる部分なので、物事の最後の最後までということを「金輪際」と言われるようになりました。

山について

この世界の周りには鉄で出来ていると言われるとても硬い「鉄囲山」(てっちせん)と言われる山々が取り囲み、鉄囲山の中には八つの山と八つの海が交互にあって「九山八海」と言い、中央には「須弥山」(しゅみせん)が高くそびえています。

山は内側から

  • 須弥山
  • 持双山
  • 持軸山
  • 檐木山
  • 善見山
  • 馬耳山
  • 象耳山
  • 尼民達羅山
  • 鉄囲山

海について

須弥山から尼民達羅山までの間は、八種類のすぐれた特質を具えた水、八功徳水(はっくどくすい)で満たされています

八功徳水の八つの功徳とは

  • 甘(甘い)
  • 冷(冷たい)
  • 柔(やわらかい)
  • 軽(軽い)
  • 清浄(清い)
  • 無臭(くさくない)
  • 飲時不損喉(のどを痛めない)
  • 飲已不傷腹(飲み已って腹を痛めない)

須弥山と最初の山脈との間の海だけ須弥海と呼びます。

須弥山の世界観

須弥山はサンスクリット語ではスメール(sumeru)と言い、玄奘三蔵は「妙高山」と訳したことから、新潟県の妙高山の名前の由来になっています、そして寺院における本堂正面の祭壇のことを須弥壇と呼ぶのは須弥山の仏教世界を表しているのです。

須弥山はとても高い山にある天の神々が住むところであってその高さは八万由旬(ゆじゅん)と言われ、日天と月天が回っています。

須弥山の中腹には四天王が住んでいて仏国土を守っています。

  • 東方-持国天
  • 西方-広目天
  • 南方-増長天
  • 北方-多聞天(毘沙門天)

さらにその上の山頂の忉利(とうり)天には帝釈天が住んでいて、須弥山の頂上には善見城がありインドラ(帝釈天)が住んでいる。

鉄囲山で囲まれた外周には海があって四つの島があって、東には半月形の毘提訶洲(びだいかしゅう)南には三角形の贍部洲(せんぶしゅう)、西には満月形の牛貨洲(ごけしゅう)、北には方座形の倶盧洲(くるしゅう)がある。

南に位置する贍部洲(せんぶしゅう)が私達人間の住む領域です。

人間世界を拡大した図が右側中央にあり、海の上は六層になっていて、上から順に「泥」、「白善」、「白土
、「赤土」、「黄土」、「青土」になっています。

更に水面下は地獄になっていて等活地獄、黒縄地獄…と続きます。

北の洲には地獄は無く、西の洲には孤地獄、東の洲には辺地獄があります。