弥勒菩薩とは

弥勒菩薩とは梵名をmaitreya(マイトレーヤ)と言い、仏教では釈迦牟尼仏の次にこの世に出現する未来仏であり、如来になるために修行中の菩薩部の仏です。

胎蔵界曼荼羅に於いて弥勒菩薩は、情け深い、慈悲心ある者という意味です。

胎蔵界曼荼羅の弥勒菩薩の位置

弥勒菩薩

胎蔵界曼荼羅での弥勒菩薩は慈悲の心を表し中台八葉院の中では北東の方向に位置します。

弥勒菩薩の特徴

弥勒菩薩は蓮華座の上に座して、瓔珞や宝冠などの飾りなどを付けています。右手に水瓶を乗せた蓮茎を持つ姿で描かれています。

我が国での飛鳥時代の弥勒菩薩像は半跏思惟像として作成させていますが、中国では布袋尊が弥勒菩薩の化身として祀られています。

未来仏とは

弥勒菩薩

ゴータマの入滅後56億7千万年後の未来にこの世界に現われ悟りを開き、多くの人々を救済することが約束され、それまでの間は兜率天で修業をしているのが弥勒菩薩です。

弥勒菩薩は兜率天で説法しているのだから、弥勒菩薩の兜率天に往生しよういう信仰(上生信仰)が生まれました。

弘法大師空海は弥勒菩薩を念持仏として大切にし、母が滞留したという高野山下の慈尊院の本尊は弥勒菩薩であり、入定直前の「御遺告」では兜率天に上って56億7000万年後に弥勒菩薩と共に下生することを告げているのです。

弥勒菩薩の梵名

maitreya  マイトレーヤ

「 マイトレーヤ」は、情け深い・慈悲心ある者という意味です。

弥勒菩薩の印と真言

弥勒菩薩の印

弥勒菩薩の印

これは行法の時の印で、曼陀羅に描かれている姿とは違います

弥勒菩薩の真言

真言…オン・マイタレイヤ・ソワカ