中台八葉院とは

中台八葉院

中台八葉院は胎蔵界曼荼羅の中心となる部分で、その中心には大日如来が配置されます。

中台八葉院の場所

中台八葉院の場所

中台八葉院は胎蔵界曼荼羅の中央にあります。

中台八葉院の構造

中台八葉院の構造

蓮華の中央には宇宙の真理としての法界定印を結ぶ大日如来が配置され、その周りに四如来である宝幢如来、開敷華王如来、無量寿如来、天鼓雷音如来と 四菩薩である普賢菩薩、文殊菩薩、観自在菩薩、弥勒菩薩が配置されます。

大日如来と四如来を合わせて胎蔵五仏と言います。

中台八葉院の仏たち

中台八葉院には大日如来の他に四如来と四菩薩が配置されますが、その仏たちの解説です。

大日如来

大日如来は胎蔵界曼荼羅、金剛界曼荼羅の両部曼荼羅において中心となる仏です

四如来

東…宝幢如来

南…開敷華王如来

西…無量寿如来

北…天鼓雷音如来

四菩薩

南東…普賢菩薩

南西…文殊菩薩

北西…観自在菩薩

北東…弥勒菩薩