胎蔵界大日如来

胎蔵界曼荼羅に於いて大日如来は宇宙の真理を表す中心的な存在で、大日如来からの慈悲の拡がりと、大日如来へと繋がる方法が曼荼羅に説かれています。

胎蔵界曼荼羅の大日如来の位置

大日如来

胎蔵界曼荼羅での大日如来は数ある諸尊のなかでも中央に配置され、一番大きく描かれています。

胎蔵界大日如来の特徴

大日如来は蓮華座の上に座して瓔珞(ようらく)と言われる飾りを付け、胸飾り、上腕の臂釧(ひせん)、前腕の腕釧(わんせん)、イヤリングに相当する耳輪(じかん)などで飾られています。

頭には五智宝冠を載せ、大日如来、宝幢如来、開敷華王如来、無量寿如来、天鼓雷音如来の五仏の智慧である法界体性智 (ほっかいたいしょうち) 、大円鏡智(だいえんきょうち)・平等性智(びょうどうせいち)・妙観察智(みょうかんざっち)・成所作智(じょうしょさち) の五智を表します。

胎蔵界大日如来の梵名

mahāvairocanatathāgata マハーヴァイローチャナ・タターガタ

すぐれて、あまねく、光明を照らす者という意味です。

胎蔵界大日如来の印と真言

胎蔵界大日如来の印

法界定印

印…法界定印

手には法界定印を結び、具体的には、おなかの前で左の手のひらを右の手のひらの上にのせ、親指同士を軽くつけて楕円をつくる形をしていて、慈悲の心を表します。

胎蔵界大日如来の真言

真言…おん あびらうんけん