「真言宗」の記事一覧(2 / 7ページ目)

三途の川の安全な渡り方

真言宗
三途の川

三途の川とは 「三途の川」とは「三本の道がある川」という意味で、死者の魂がこの世を離れてあの世に向かう途中に流れていると言われる大きな川のことです。 三途の川の起源は 我が国では法華経や仁王経と合わせて「護国三部経」と言・・・

五戒とは

真言宗
五戒とは

五戒とは 五戒とは仏教を実践する人が守る戒律の中でも、仏門に入った在家の人が性別を問わず守るべき五つの道徳のことです。 戒律を守る者に与えられる仏弟子としての名前が戒名で、法名とも言います。 五戒の構成 五戒は五つの戒か・・・

お祓いとは

真言宗
お祓い

お祓いとは 神道では穢れというものを忌み嫌いますので、禊(みそぎ)、祓(はらい)と言って穢れを払うことを大切にしています。 禊(みそぎ)は体の穢れを落とすことで、祓(はらい)は罪や災いを取り除くことなのです。 私達に悪い・・・

三千大千世界とは

真言宗
三千大千世界

三千大千世界とは 三千大千世界とは仏教で一人の仏の説法が行き届く世界のことで、仏国土とも言います。 三千大千世界の構成 須弥山を中心とした日・月・四大州・六欲天・梵天などを含む世界を一世界として、一世界が千個集まった世界・・・

ご飯を食べる弘法大師

真言宗
生身供

高野山奥の院では約1200年間、雨の日も雪の日も毎日欠かさずに続けられている儀式があります。 それは生身供(しょうじんぐ)と呼ばれるもので、御廟橋手前の御供所で作られた料理を朝の6時と10時半に弘法大師の元に届けるのです・・・

今日で終わりだと思えば毎日が有難い

真言宗
富士山爆発

最近は毎日のように富士山噴火や大地震が来るというニュースが流れていますが、新型コロナと大規模自然災害などで世紀末の様相を呈している時にはこのような暗いニュースばかりになるものです。 しかし最近のあちこちの状況を見ていたら・・・

火の車とは

真言宗
火の車

「百怪図巻」(ひゃっかいずかん)は江戸時代中期の佐脇嵩之(さわき すうし)によって描かれた妖怪絵巻物で、全30点の妖怪画が収録されている中の一コマ「火車」の場面です。 生きている間に散々悪事を働いた人が亡くなると、地獄の・・・

釈迦と不飲酒戒

真言宗
不飲酒戒

3週間ほど前になりますが、原因不明のお腹と背中の痛みが続いていたので、1日1本だけの楽しみであるビールをやめました。 何年も前に同じ症状があり、病院を転々としても治らず、願掛けをしてお酒を止めたらいつの間にか治っていた謎・・・

ページの先頭へ