毘沙門天信仰

毘沙門天は四天王の時には多聞天と言われ、東西南北の4つの方向の内、北方を守る守護神として、或いは七福神の時には宝船に乗って船頭の役割をしていたり、家族神としては奥さんが吉祥天女、子供が善膩師童子(ぜんにしどうじ)であったりと多方面に登場する天なのです。

毘沙門天の特徴

毘沙門天の特徴を知るには「毘沙門天王功徳経」が一番です。漢文で書いてありましたら、何が書いてあるのかよく分かりませんが、読み下しでしたら、ある程度は分かります。

毘沙門天王功徳経によると

毘沙門天王功徳経

毘沙門天のことは毘沙門天王功徳経に書いてあります。弟子の阿難が釈迦に対して、「どういう因縁があって、毘沙門天王は体に甲冑を付け、左の手には宝塔を持ち、右の手には如意宝珠を持ち、両方の足で羅刹毘闍舎鬼を踏んでいるのですか」との質問に対して釈迦は

「毘沙門天王はその数7万8千億と言われる諸仏の中でも、仏法を護る兵士であり、左の手に宝塔を持っているのは、普集功徳微妙と言って、宝塔の中には8万4千の教えと12部経が納めてあり、それを見る者は大いなる智慧を得ることが出来、右の手に如意寶珠を持っているのは震多摩尼珠寶と言って飲み物、食べ物、衣服などの無限の財宝が湧き出し、体に甲冑を付けているのは、仏道修行の妨げとなる四魔の軍を防ぎ、邪鬼は悪業や煩悩を押さえつけるために踏んでいる。また藍婆と毘藍婆と言う2匹の鬼を従え、左の脇には天女がいて吉祥天女と言い、右の脇には1人の子供がいて善膩師童子と言う。もし毘沙門天王の姿を見たり名を唱えたり心に念ずるような者がいれば、果てしない輪廻転生の中で犯した罪を取り除いて、仏の位に至り、この世では無限の福を得ることができる」

と答えているのです。この経典の経緯はともかく、毘沙門天を知る上でとても大切なことが書いてあります。

毘沙門天を分かりやすく

毘沙門天の姿

神仏の特徴は神仏像におけるその姿格好や衣服、持ち物などで知ることが出来ます。毘沙門天の特徴は制作された年代や神社仏閣の地域性や信仰に左右されますので、これで決まりというルールはありませんが、大体の特徴はあるものです。

手の持ち物

毘沙門天王功徳経には左の手に宝塔、右の手に如意棒ということになっています

如意棒

毘沙門天王功徳経では右の手に如意寶珠を持っていて、「震多摩尼珠寶」と言い、飲み物、食べ物、衣服などの無限の財宝が湧き出すとあり、西遊記に出てくる孫悟空が持っている如意棒は伸び縮みなど自由に操ることが出来て、敵を倒すものですが、その如意棒に近いもので、仏の世界で使われる如意棒は、欲しいものが何でも手に入る不思議な棒なのですが、これは私達凡夫に対して必要な物を与えることにより、一時的な満足感と幸福感を与え、更に高いレベルの悟りに導き出すものです。

宝塔

毘沙門天王功徳経では左の手に宝塔を持ってて、「普集功徳微妙」と言い、宝塔の中には8万4千の教えと12部経が納めてあり、それを見る者は大いなる智慧を得ることが出来るとあります。仏の智慧というものは、膨大な教えであり、毘沙門天はそれを分かりやすく説くことをしています。

邪鬼

毘沙門天王功徳経では邪鬼は悪業や煩悩を押さえつけるために踏んでいる、とありますが、邪鬼の姿は私達の心の中にある煩悩であり、煩悩は108つあると言われ、人を傷つけたり、恨んだり、妬んだりの煩悩は、悟りを得るのに大きな障害となります。毘沙門天はその煩悩を消滅させる実践を説いているのです。

甲冑

毘沙門天王功徳経では、毘沙門天王はその数7万8千億と言われる諸仏の中でも、仏法を護る兵士であり、体に甲冑を付けているのは、仏道修行の妨げとなる四魔の軍を防ぐためである、とありますが、相手を滅ぼす兵士ではなくて、仏法を護る兵士であることが大切で、毘沙門天と言えば大抵はいかつい顔をしていて、時には武器を持ったりという姿もあるのです。

火焔

火焔は火が燃えている様子を表しています。火焔光と呼ばれるこの光背は、天部や明王のみが背負い、これは迦楼羅炎と言って、煩悩を焼き清める為のものです。