風の神

医学がまだ発展していない江戸時代には、悪い神が人々に悪さをして回ることで病気になると考えられていて、病気を治すには祈祷や追儺によって追い払うことによって治るものとされていました。 江戸時代後期の桃山人著作の「絵本百物語」・・・