台風10号-気を付けて

ウェザーニュース」によりますと、台風10号は「近年にない勢力で日本接近、週末は未曽有の災害に厳重警戒」との警告が出されています。

最大瞬間風速は80m/sで、九州北部の五島列島付近に達する7日(月)9時でも「非常に強い」勢力で、中心付近の最大瞬間風速が65m/sとなる見込みです。

台風被害

↑こんなことになりました。

昨年、千葉県で7万4千戸が損壊し大規模停電を引き起こした台風15号の際は瞬間風速で50~60m/sの風が吹きましたが、高野山真言宗やすらか庵の付近でも至る所で木がバキバキに折れて電柱が倒れて電線がぶら下がり、屋根は飛ばされガラスは割れてと深刻な事態で、停電も復旧までに1週間以上かかりました。

災害用発電機

やすらか庵では発電機がありましたので、少々の電気は使えましたが、電気と水道の無い生活を覚悟しなければいけませんので

☆今の内に水と食料の確保をしておきましょう。

☆車にはガソリンを満タンにして置いて、発電機がある人はガソリンを携行缶に確保しておきましょう。

☆トイレも使えなくなりますのでお風呂に水をためておけば流し水に使えます。

☆空いたペットボトルがあれば徹底的に水をためておきます。

☆都市ガスを使っている人はカセットコンロとカートリッジ予備ガスを余計目に買っておきましょう。

☆雨戸の無い場所にある窓ガラスに貼る飛散防止の養生テープか板を打ち付けて保護しましょう。(事前に買いに行ったら売り切れ)

☆一通りの防災用品を確保することはもちろんですが、電話も使えなくなり、テレビが見れなくなりますので、情報はスマホだけが頼りになりますので、充電用品は必須です。

☆まだ暑い時期ですのでエアコンが使えないのは痛いですが、網戸も台風でどうなっているか分かりませんので、補修用の網だけ買っておけばいろんなことに使えます。

☆飛んできた板やトタンには釘が刺さっていますので気を付けて下さい。

☆すぐに避難できるように準備しておきましょう。

あとは祈るだけで御座います、自然災害は避けられないものですが、被害を少なくしたり、怪我をせずに済んだりということではこういう時にこそ天にお頼みしてみれば、何か得られるものがあるかもしれません、毘沙門天様は災害除けに絶大な効果がありますので台風通過時で不安な時に「オンベイシラマンダヤソワカ」と唱え続けてみて下さい。

高野山真言宗やすらか庵では去年の台風15号の時に夜明け前にものすごい音がして屋敷の横の桧の大木が根から折れましたが、御陰様で屋敷と反対の方に倒れて無事でした。

桧の大木が折れた

期間限定の災害除御札も作ってみましたので印刷して貼ってみて下さい。

期間限定-災害除御札