祖霊供養

お盆の祖霊供養を実施いたしました。お盆の期間は有縁、無縁の諸精霊がこの世に戻って来るのであって、お墓、そして家に戻って来ると言われています。

子孫の者が絶えてしまって帰るべき所の無い精霊が近年は増えていますので、そういった精霊に対して、或いはやすらか庵での散骨や墓じまいを利用された方に関する有縁無縁の諸精霊に対してのお盆の迎え火供養で御座います。

神仏や先祖は火を目印に上から降りてくるのです。

毎朝のお勤めでは必ず供養の読経をしていますが、世間ではお盆ですので、こういった行事も必要ではないかと始めた次第です。