御札のお焚き上げ

初詣に出かけた時や神社仏閣にお参りした時に何気なく買う御札、何となく縁起が良さそうだとか、運が開くようにとか、せっかく来たのだからお土産代わりになどの理由で気軽に買ってしまいますが、実は中にはご神体が入っていて、普通は私達の目には観えませんが、神様を連れて帰ったということなのです。

御札の中に神様がいるということは、やはり信心のある人にはとても有難いものですが、信心の無い人にとっては迷惑なこともありますので、お土産品として気軽に配ることはあまりおすすめいたしません。

神様が家に来てくれるからこそ御札というものは有難いものであり、決して粗末にしていけませんし、1年間お祀りしたら、頂いた所にお礼を添えてお返しするというのが礼儀です。

しかしながら引っ越ししたので元の場所にはお返し出来ないとか、友達から頂いたのでお返しする所が分からないなどの場合には、高野山真言宗やすらか庵お焚き上げ供養をご利用ください。私が責任持って神様にお礼を述べた上で元の場所にお還り頂きます。