「2018年7月」の記事一覧

自然の力には叶わない

高野山真言宗やすらか庵
自然の力

やすらか庵には種を蒔いたりしないのに毎年必ずシソの葉が生えてきます。シソの葉はソーメン、冷や奴などの薬味に使えて大変に重宝いたします。勝手に出てきてくれるのですから、とても有難いのですが、増えすぎて使いきれません、結局は・・・

夕焼けの続き

高野山真言宗やすらか庵
夕焼けの飛行機

やすらか庵は千葉市若葉区野呂町にありますが、ここはちょうど飛行機の成田ルートと羽田ルートの両方の便が飛行するコースで、結構頻繁に飛行機が通ります。 頭上を通ってもそんなにうるさいとは思わない程度の高度でありますので、助か・・・

昨日の夕焼け

高野山真言宗やすらか庵
夕焼け

毎日暑い日が続きますが、皆様におきましては、お体の調子は如何でしょうか。 サウナのような外から室内に入ってきますと、クーラーがついていますと本当に極楽浄土です。もう外に出たく無くなる訳ですが、私ももっと若い頃には、電気を・・・

衆苦の源は貧苦にしかず

毘沙門天信仰
貧乏

毘沙門天王功徳経には「衆苦の源は貧苦にしかず」と書いてありますが、簡単に言えば「皆が苦しむ原因は貧乏である」ということです。仏が説いたお経なのに、貧乏はよろしくないなんて、ちょっと驚きますよね。もっと言いますと、貧乏する・・・

亡き人の遺品整理でお焚き上げ

お焚き上げ
お焚き上げ

大切な人が亡くなった後には、役所の手続きから始まって不動産や金融関係のの名義変更、各種契約の解約、支払い、返金、などの仕事が続き、要するに必要な物を残し、不要な物を捨てていく遺品整理に大変な時間と労力がかかります。 そう・・・

SSL対応にしました

高野山真言宗やすらか庵
ssl対応

インターネットの普及で世の中便利になりました。今ではスマホを持っていればお買い物も出来るし、ポイントもたまるし、クーポンも手に入り、ゲームは出来るし、調べ物は何でも教えてくれるし、スケジュール管理はしてくれるし、車のナビ・・・

平成30年7月豪雨募金

高野山真言宗やすらか庵
平成30年7月豪雨募金

西日本豪雨の死者は160人を超えており、平成に入ってから豪雨災害としては最大のものとなりました。私のお師匠様のお寺が倉敷ですので、状況を聞いたところ、お寺は大丈夫でしたが、近隣のがけ崩れがひどく、また、真備町の水害もまだ・・・

僧侶が散骨を行う時代

散骨供養
僧侶が散骨

家族というものは、生まれてから死ぬまで関わり続けるものであり、生きている間は家というものが集う基本の場所で、亡くなってからはお墓や仏壇が触れ合いの場所となります。 家族は親、子、孫…と伝承していくことが当たり前の考え方で・・・

動かぬ心

高野山真言宗やすらか庵
動かぬ心

今年は夏の到来が早く、ニイニイゼミは6月26日から鳴き出しました、トンボもたくさん出てきて、少しでも高い所に留まろうとします。警戒心があまりなくてとても友好的で、私が庭に居ても、何もしないでじっと立っていれば、私の頭の上・・・

ページの先頭へ