法事をしないとどうなるか

法事

昔から言われることとして、法事などの先祖供養はたとえ自分の生活が苦しくても、しなかったら罰が当たる、先祖に守ってもらえない、浄土に往けないなどの事が言われています。

法事をしないということ

法事をしようと思ったら出来るのに、しないという選択をする人もおられます。

その理由として

  • 檀那寺に対する不信感や僧侶に対する嫌悪感
  • 親戚付き合いをしたくない
  • お金が無い
  • 法事をすることに意味を感じない

などの感情や気持ちからくるもので、都会暮らしをしている人にとってお寺や親戚と付き合うということ自体が無縁のものになりつつあるという事実があります。

また地方で暮らす若い人でも、寺院はお金を取るばかりで何も得られないという批判や、葬儀の時に高額なお布施を取られた、高額な寄付金を請求されたなどのお金にまつわる不満などが積もり積もってお寺と縁を切りたい、離檀したいと真剣に考えている人も居るのです。

日頃から不満を感じていれば当然のことながら、法事はもうしないという気持ちになってしまうものです。

法事が出来ない

法事が出来ない理由

法事をしようと思っていても出来ない方の理由として

今はお金が無いから出来ないという方も居られます。

また現在は新型コロナの影響で年寄りばかり集まる法事だから、新型コロナが終息してからにしようと思っておられる方も多いです。

規模が大きくなると大変なので身内の者だけで済ませるという方も増えてきました。

法事が出来ない場合には、出来るようになってからすれば良いことですし、参加されるであろう方にもその旨伝えれば分かって頂けます。

法事の効果とは

法事は「追善供養」とも言って、亡き人に功徳と言われる善い行いを届けることであり、亡き人の死後の世界には大いに役立つことです。

仏教では「自業自得」と言いまして、自分の為した行いの結果は自分で受けるものであり、「因果応報」と言いまして善い行いには良い結果が現れて、悪い行いには悪い結果が現れるのは基本原理ですが、功徳というものだけは私達が亡き人に届けて差し上げることが出来るのです。

亡き人に対して何か持たせてあげたい、今からでも何か届けてあげたいという時には功徳を送ることが出来るのです。

また亡き人のために功徳を積むことは自分や参加した人の徳にもなります。

徳は積めば積むほど善悪の判断が正しく出来るようになり、多くの人に慕われるようになり、人に対して優しく接することが出来るようになります。

徳というものは目に見えないものであり、死後の世界で役に立つものですから、生きている時には大して役に立たないかもしれませんが、人は誰でも必ず死ぬことを思えば、死後に何を持っていけるかという時に、生前中の徳しか持って行けませんので、ある意味貯金みたいなものです。

法事をしないと罰が当たるだろうか

法事は絶対にするべきで、法事をしなかったから罰が当たるというものではありません。

しなくても何も起こらないのです

亡き人を粗末にするようなことをしたら自分も粗末にされるだけのことです。

もしかしたら自分の死後に後悔するかもしれませんが、後の祭りです。

もう一度言いますが、罰は当たりません。

死が必ず来るもので、その時のために準備しておこうと考えるかどうかの問題です。

同じような事は宗教についても言えることで、信じれば救われるけれど、信じなければ何も起こらないだけのことです。

信じないから罰があたるということはありません。

法事をすることについて

法事は亡き人の供養のために行うものであり、自分達のことばかり優先される現代に於いてはどうしても後回しになってしまいます。

輪廻転生と法事

六道の輪廻転生という考え方からすると、人は死後にすぐ生まれ変わるはずであり、あの世で修業したり功徳を受け取ったりすることは無いのですが、輪廻転生と言っても、絶対的な決まりごとがある訳でなく、六道にすぐ行くようなこともあれば、50年、或いは100年の猶予があるとも言われ、これはあくまでも天が決めることです。

しかし功徳というものの本質は、たとえ故人が生まれ変わっていても届けることが出来るし、本人の魂のために役に立つものであることから、法事の功徳は決して無駄になることはありません。

思い出すことが供養

亡き人のことを思い出すことは功徳になります。

これは人間にしか出来ないことで、思い出して亡き人のことを語り、功徳を届けるという目には見えないことをするのです。

私達にとって神仏や先祖は全て目には見えない存在ですが、元々そういった世界と繋がることのできる能力は誰もが持っていて、例えば天の世界や浄土の世界ではイメージしたものを相手に届けるという事が普通に出来ることからすれば、供養というものは神々の世界に近づくためのほうほうなのかもしれません。

忘れることも供養

私達の寿命は年々伸びていますが、それでも百年位の寿命だとして、自分が死んだ後に50年経てばほとんど忘れられてしまい、百年も経てば完全に忘れられてしまうのですから、これは宿命と言うものであって、いつまでも忘れずに覚えていて欲しいという事は間違いなのです。

今の時代の流れる速さからすれば百年経てば人も環境も全く違うものになっていますので、百年前の人のことなど誰も知らなくて当然ですから、忘れられて当たり前なのです。

ある意味忘れるということは執着を無くすということで、仏教的には悟りに近づく方法なのかもしれません。

するかしないかは自分次第

少なくとも私達は法事をすることによって、先祖からの魂の流れを感じ、少ないながらも身内の者が集うことにより、血縁、ご縁を感じて大切にし、力を合わせることによって、より良い生き方に反映すれば、法事としての立派な役割があるのです。

答えとしては、すれば心が豊かになるが、しなくても生きていられる、という感じです。心を豊かにしようと思った時に、意外と皆さん、高いお金を使って遠い所に行きたがるのですが、考えようによっては、法事とは安くて近い心の栄養補給なのかもしれません。


法事についての質疑応答エンター


次 親戚がいないので法事が出来ないエンター