Q.代行散骨供養って何ですか


A.代行散骨供養とは委託散骨供養とも言いまして、ご依頼主様が一緒に参加しない散骨供養のことです。海の散骨供養ならば一緒に乗船せずに高野山真言宗やすらか庵にお任せする散骨供養で、森の散骨供養ならばご依頼主様の代わりに高野山真言宗やすらか庵が散骨供養いたします。

代行散骨供養に対してご依頼主様が一緒に散骨供養するのは立会い散骨供養、同伴散骨供養などの呼び方をします。

代行散骨供養は立会い散骨供養に対して料金が安くなりますが、それは立会い散骨供養は日時の予約をして全ての事に立会い出来るのに対し、代行散骨供養は高野山真言宗やすらか庵の空いた日にさせて頂くなどの違いによります。

代行散骨供養は立合いが出来ないので、お遺骨を一旦預けてしまいますと、後のお遺骨の扱いがどうなっているのかが分かりませんので、巷に氾濫する激安散骨供養業者などに任せますと、ひどい扱いをされた上に無縁仏になってしまうので、お金を払った意味がありません、やはり信頼できる所にお任せした方がご依頼主様の安心はもちろんですが、亡き人の安心も得られます。

高野山真言宗やすらか庵では亡き人が迷わぬように旅立つこと、供養を届ける事、そしてご依頼主様が亡き人に護って頂く事を目的に祈願していますので、立会っても立会わなくても全く安心して任せられます。


僧侶が行う散骨供養の質疑応答エンター


前 宗派が違いますけど散骨供養をお願い出来ますかエンター