段ボールのサイズとは

ダンボールのサイズ

宅配便の料金は段ボールのサイズと送る地域によって決まりますが、ダンボールのサイズは、縦横高さの合計(何センチあるのか)の事を言います。

80サイズとは

80サイズ-お焚き上げ

80サイズとは立てて横高さの合計が80cmまでの大きさのダンボールのことです。

80サイズは実際の大きさの目安としてはA4コピー用紙500枚入りが5冊入ります。

80トイズとは

縦80cm、横80cm、高さ80cmの箱のことではありません、縦80cm、横80cm、高さ80cmでしたら240サイズになってしまいますし、宅配便で送る大きさを超えています。宅配便で送ることが出来る大きさは160サイズまでです。

宅配便のダンボールサイズ

80サイズの他には60サイズ、100サイズ、120サイズ、160サイズなどの規格があります。

  • 60サイズ…縦横高さの合計が60cm以内
  • 80サイズ…縦横高さの合計が80cm以内
  • 100サイズ…縦横高さの合計が100cm以内
  • 120サイズ…縦横高さの合計が120cm以内
  • 160サイズ…縦横高さの合計が160cm以内

それぞれのサイズは、どれもが縦横高さの合計です。

お焚き上げに利用するダンボール

何処のお焚き上げ業者でも使用するダンボールに指定はありませんが、サイズによって料金が変わりますので、送りたい物が全て入る最小サイズのダンボールを準備することがお焚き上げのお得な利用法です。

規定サイズよりも少しだけ大きいダンボールでしたら、上の方を切って折り込めば小さくなりますので、そうすれば送料も安くなりますし、お焚き上げの料金も安くなります。

新しいダンボールを買うには

亡き人の遺品を入れたり、特別に想いのある物を入れる時には、時として新しいダンボールの方が良いこともあります。

新しいダンボールは郵便局に行けば規定サイズの物が売ってありますし、クロネコヤマトなどの宅配センターにも売っています。

ホームセンターでも様々な形のダンボールが売っていますので少し変わった形のダンボールが必要な時には良いかもしれません。

使用済のダンボール

家の押し入れや倉庫に眠っているダンボールも使えますし、スーパーなどに於いてある無料の使用済みダンボールでも構いません。

重たい物や小物をたくさん入れるような時には、なるべく厚めのダンボールを使用すれば運送中に敗れるようなことはありません。

お焚き上げ料金

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げは、ダンボールのサイズによって料金が決まります。

ダンボールは買わなくて結構です

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げに送る時のダンボールは、ご家庭にあるもので、どんなものでも構いません。

スーパーなどに行けばお買い物のお持ち帰り用に無料で置いてありますので、そういったものでも構いません。

もし穴があいていたり、潰れていたりしたらはさみで切ったダンボールを当てたり、ガムテープなどで補強をしてしてくださいませ。

ダンボールの大きさとお焚き上げ料金

高野山真言宗やすらか庵でのサイズ別のお焚き上げ料金は

  • 80サイズ…5千円
  • 120サイズ7千5百円
  • 160サイズ…1万円

同じ量を箱に詰めるのなら、箱はなるべく小さくした方がお焚き上げ料金も送料も安くなります。


お焚き上げの質疑応答エンター