どんど焼き

小正月の1月15日には神社や田畑などでどんど焼きが行われますが、どんど焼きは正月飾りや書初めの書などを持ち寄ってお焚き上げをし、その火で餅や団子を焼いて食べて、一年の無病息災を願う行事です。

歳神様を家にお迎えするのに準備した門松やしめ縄などの正月飾りを天上に送り、その火と煙に当たって厄払いしてその火で焼いた餅を食べて体の健康を祈り、灰を持ち帰って家の周囲に撒くことにより家の魔除けになるという、焼くことから灰を持ち帰ることまでの全てがとても有難い行事なのです。

近年はどこの自治体でも環境問題に対する取り組みとして家庭でのゴミの焼却や野焼きの禁止令が出ていますし、例外として認められている農業での藁焼きでも近隣からの苦情があることから、どんど焼きも同様、止めていく所が増えているのです。

一年の無病息災を願い、伝統行事に参加することは子供にとっても豊かな心を育むために必要なことで、家庭を大切にし、神仏を敬い、健康を祈り、地域の良さを知るために伝統の灯を消さないようにしたいものです。

以前の記事もご覧くださいませ…どんど焼き、どんと祭りについてエンター