どんど焼きとはお正月に飾った門松や松飾り、しめ飾りなどを集めて焼く行事のことです。

どんど焼き、どんと祭りとは

どんど焼き

どんど焼き、どんと祭りとは、松の内の期間が終わる1月14日の夜か1月15日の朝に田んぼや河原、神社の境内などで竹や木の棒、藁などを使ってどんどやというやぐらを組み、そのやぐらにお正月に飾った門松や松飾り、しめ飾り、書初めで書いた書などを入れて焚き上げし、その火や煙に当たると共に、残り火で焼いた餅や団子を頂くという古来よりの習慣です。

どんど焼き・どんと祭りの効用

どんど焼き・どんと祭りの火や煙に当たることで、一年の健康を願い、残り火で焼いた餅や団子を食べることで虫歯や病気にならずに健康で過ごせ、火が消えた後に残った灰は魔除け、厄除けの力があり、持ち帰って家の周りに撒くことにより、家の安全を願うのです。

どんど焼き・どんと祭りの起源

どんど焼き・どんと祭りはお正月に歳神様をお迎えするために飾った門松や松飾りを正月の終わる小正月(1月15日)に焼いて、歳神様を空へお送りする行事です。

歳神様とは日本古来の神であり、毎年正月にやってくる来訪神のことです。来訪神は一軒一軒の家に来て、厄を払い、福を授ける神であり、正月に飾る餅やミカンの飾り物は、元々歳神様を迎えるためのものであり、門松は歳神様が来訪するための依代であり、鏡餅は歳神様への供え物なのです。

また、道祖神をお迎えする祭りとも言われ、長野県の諏訪では厄投げと呼ばれる行事があり、これもどんど焼き、どんと祭りと行うことは同じですが、どんど焼き・どんと祭りとも呼ばれています。

また、左義長(さぎちょう)と呼ばれる祭りが起源だとする説もあり、小正月(1月15日)に宮中の清涼殿東庭で青竹を束ねて立て毬杖3本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いた行事のことで、その年の吉凶などを占ったとされます。

いずれの説であれ、正月を迎えるに際し、一年の無事と健康を願う行事として全国的に行われている行事なのです。

歳神様は初日の出と共にやってくると言われており、家にいる間は歳神様は鏡を模した鏡餅に宿ると言われ、また御節料理は歳神様に対するお供え物なのです。

歳神様にお供えした物には不思議な力があると言われ、お節料理を食べて一年の健康や幸せをお祈りし、お年玉は「お歳神様の魂」から来ているものとされています。

どんど焼き・どんと祭りの語源

正月に各家を訪問する歳神は地方によっては、お歳徳(とんど)さん、正月様、恵方神、大年神(大歳神)、年殿、トシドン、年爺さん、若年さんなどとも呼ばれるのが語源であるという説や、火が「どんどん」と燃え盛る様子から「どんど」になったという説もあります。

言い方としては他にあわんとり、お焚き上げ、鬼火、鬼火焚き、おねっこ、おねび、おねび焼き、おねぶ焚き、おんべ焼き、御柴灯、かあがり、かんじょ、さいと焼き、さぎっちょ、しんめいさん、道祖神祭り、とうどうさん、とんど、とんど焼き、とんど正月、どんと、どんどや、とんど焼き、どんど焼き、とんどさん、どんどん焼き、ほうげんぎょう、ほっけんぎょう、ほんげんぎょう、やははいろ、などがあります。

どんど焼き・どんと祭りはいつ行う?

正月に各家を訪問する歳神が還るまでの間を松の内と言って、歳神様をおもてなしする期間なのですが、松の内とは一般的に1月7日までを示しますが、15日のところもあれば10日のところもあるようです。

元々、松の内は小正月である15日とされており、年神様にお供えをしていた鏡餅を下げて食べる鏡開きを20日に行っていたのですが、徳川家光が4月20日に亡くなった事により、20日という日を忌み嫌うようになった徳川幕府が、20日よりも前の11日に鏡開きを行う事にしたので、関東地方を中心とした地域では、松の内も7日と変更されたと言われています。

どんど焼き・どんと祭りは、松の内が1月7日の場合には7日前後、松の内が1月15日の場合には15日前後に行われますが、行われる場所によって違いますので、事前に確認しましょう。

どんど焼き・どんと祭りで燃やすもの

どんど焼き・どんと祭りで燃やす物としては

  • 正月飾り
  • 門松
  • 松飾り
  • しめ縄
  • 御守
  • 御札
  • 破魔矢
  • 書初め
  • 人形
  • ご祝儀等でもらう熨斗袋

などです。神様の魂の入っているものや、神様にお供えしたもの、神様のお供えに使ったものなどです。

高野山真言宗やすらか庵では

高野山真言宗やすらか庵では正月飾り、門松、松飾り、しめ縄などをお焚き上げ供養しております。お正月飾りには歳神様にお還り頂く様、修法させて頂きます。神仏というものは、古来よりそこにおられる神が居り、長い間信仰することによって文化として或いは風習として伝わっているのです。

私達は季節ごとに行う伝統の風習の本質を忘れることなく、後世に伝えていくと共に、神仏と密接に繋がった世界に生きていることを自覚し、そういった中で真の幸せというものに近づいていくことが大切なのです。