知って得するお焚き上げ情報

知って得するお焚き上げ情報

お焚き上げは御札やお守りなどの神仏のご加護に感謝すると共に、終活遺品整理、良縁のために或いは悪い縁を切るためにと、使い方によっては人生をとても豊かにし、厄払い、開運にも繋がる供養法なのです。

お焚き上げの役立ち情報をまとめました。

人と神と物の歴史

付喪神(つくもがみ)とはわが国固有の物に対する考え方で、生活の道具を百年も使えば魂を持ち、時には神になることもある物の怪のことです。

物を長く使えば魂が宿る-付喪神(つくもがみ)とは

我が国では古代より自然の中のあらゆるものが仏になるという山川草木悉皆成仏という信仰があり、自然の中には八百万の神々が居るというアニミズムの考え方と共に今の私達の心を形成してきました。

また神々を迎えたり送ったりする儀式としてのどんど焼きなどの起源も古く、火を使って神々を供養する方法は世界的にも見られます。

どんど焼き、とんど祭り、左義長について

お焚き上げの積極的利用法

お焚き上げは御札や御守りを焚き上げることだけではありません。

世の中には心霊写真や曰く因縁の付いた骨董品などがあって、知らずに傍に置いていると悪い気を受けてしまうことになります。

お焚き上げを上手に使えば開運につながります。

お焚き上げ開運法

お焚き上げを利用するための利用の仕方については

お焚き上げ供養の利用の仕方

お焚き上げは単に物を燃やすだけではありません、燃やすだけでしたら普通にゴミとして出せば焼却されて灰になります。

物に気持ちや思いが籠るからこそ、籠った気持ちや思いを切り離すため、或いは天に届けるためにお焚き上げするのです。

有効に使って前向きで明るい人生に変えていきましょう。

お焚き上げの裏技

お焚き上げをお徳に、そして上手に使うための裏技を公開致します。

終活としてのお焚き上げ

仏教では物に対する執着を煩悩と見做して、物に対して執着しない事や人に対して施すことに大切さを説きます。

終活とお焚き上げ供養

私達にとって「死」は必ず訪れるのですし、死後の世界に物を持って行くことが出来ない事から、死後の世界に持っていける「功徳」を積むことが大切なのです。

終活は「小欲知足」少ない欲で足りることを知るための仏教的実践法なのです。

親の供養とお焚き上げ

故郷の両親が亡くなって家屋敷を処分するという事が近年は増えてきましたが、家一軒分の片付けとなりますと時間と労力がかかって大変な作業になります。

しかし出てきたアルバムなどを眺めてみますと、親が家族、子供を思う気持ちが痛いほど分かって来るのですが、感謝しようと思っても親が居なくなってしまっているのです。

親孝行しようと思ったら思い出の品物などはお焚き上げ供養で天に送って差し上げるのが一番です。

思い出のアルバムは皆で見て思い出を語れば、それでもう役目を果たすことが出来ますので、後は天に送って差し上げれば良いのです。