付喪神とは

付喪神とは

付喪神(つくもがみ)とは長い年月を経て使ったた道具や物などに宿る神や精霊(霊魂)のことで、九十九神(つくもがみ)とも書き、長い時間を表す百に一つ足らないことから、かなりの長い時間使い込んだ道具が神になるという信仰があったのです。

付喪神絵巻とは

付喪神記

付喪神絵巻とは室町時代に成立した絵巻物で、年末のすす払いに捨てられた道具たちが付喪神になって人間を襲い、悪事を尽くすが、密教の法力により調伏され、出家して真言宗を学び成仏するという物語です。

捨てられた古道具などの物にも魂が宿り、真言密教の教えで成仏することが出来ると説いており、高野山真言宗やすらか庵ではお焚き上げ供養によって物の供養をしていますが、この付喪神記には学ぶべき内容がたくさんあるということでご紹介させて頂きます。

付喪神記を読んでみる

国立国会図書館所蔵の「付喪神記」を現代語に訳しながら読んでみましょう。

すす払い

陰陽雑記という書物によると、器物は100年経つと精霊になって人の心を惑わすようになり、これを付喪神と呼ぶということです。そのため、世間では煤払いと称して立春の前に古道具を捨てる。100年に1年足りない付喪神の災難に遭わないためである。

捨てられた古道具

時は康保の頃、煤払いという事で洛中洛外の家々から、古道具が捨てられました。その古道具たちが一所に集まって話し合いをしています。
「われわれは長年家々の家具となって、一生懸命ご奉公してきたというのに、恩賞がないどころか、道ばたに捨てられて牛や馬に蹴られなくてはならないとは、何と恨めしいことだ。こうなったら妖怪になって仕返しをしてやろう。」何とも物騒な相談である。

付喪神の相談

数珠の一連入道が皆に対し「捨てられたことも因果と受け入れ、仇を恩で返すべきである」と主張するが、これを聞いた手棒の荒太郎は激怒し、一連入道の数珠の留め具が砕けるほど激しく打った。一連は息も絶え絶え弟子たちに助けられその場を去っていった。

一連入道

古道具らは、陰陽が入れ替わる節分の夜に造化の神に身を任せて妖物となった。その姿は男女老少の姿であったり魑魅悪鬼のようであったり狐狼野干の形をとったりとさまざまであった。彼らは舟岡山のうしろの長坂の奧に住んで、京白河に出ては人畜をおそって食物とした。被害にあった人々は嘆き悲しんだが、目に見えない妖怪の仕業のため対処のしようがなく、ただ神仏に頼るのみであった。

付喪神とは

一方妖怪らは舞を舞ったり酒宴を催したり、天上における快楽すらうらやましくないと豪語し日々楽しんでいた。

妖怪の宴会
妖怪たちは「造化神に形を与えられた自分達が神を祀らないのは心ない木石と同じだ。今からこの神を氏神と定めて祀ろう。子孫繁盛すること間違いなし」と話しあい、変化大明神と名付け、神主や八乙女や神楽男の役を定め、朝夕神事を行うことにした。妖怪とはいえ信心の厚いことである。

妖怪の神事
他の神社と同じように祭礼を行おうと神輿を製作し、四月五日の深夜、行列をなして一条通りを東へ進んでいった。ところがそこに、臨時の除目のため参内する関白殿下の行列がやってきて妖怪たちの行列と鉢合わせした。関白側の御伴の者はみな気絶してしまったが、関白は一切騒がずに車の内から妖怪らを睨みつけた。すると不思議な事に、御守から炎が吹き出し、妖怪たちに襲いかかった。妖怪たちは命からがら逃げて行った。

お守から炎

関白はこの騒ぎのせいで参内することができず、未明になって帝に奏上した。帝は大変驚いて占いをさせたところ、重大な事態であるという結果が出たため、神社に幣を奉り、寺院でもご祈祷を始めることになりました。
ところで関白の不思議なお守りの奇特の所以というのは、某の僧正の自筆の尊勝陀羅尼を供養してから進上したもので、関白はそれを肌身離さず持っていたのであった。帝はこのことを聞いて、今回の祈祷はすべてこの僧正に任せるよう仰せになった。僧正は再三辞退したものの帝の敕諚に背くわけにもいかず、清涼殿で如法尊勝大法を行うことになった。

護法童子

伴った僧はみな一門の秀才で瑜伽教(密教)の達者な者たちであった。六日目の夜、帝が聴聞の為に清涼殿においでになる際、御殿の上を御覧になると光明があり、その中には護法童子が七、八人、剣や宝捧を持って立っていた。そのまま北をさして飛び去っていった。護法童子は悪魔降伏のために現れたにちがいないと、帝は涙を流されて儀式の後、阿闍梨を呼び寄せて「今回の効果は僧正の練行のたまものである」と仰せになった。僧正は感動に涙をこぼし、御前から退出した。

宮中の祈祷

護法童子らは、妖怪たちの城へと飛んでいくと忽ちに退治してしまった。「以後殺生をやめ、仏法に帰依すれば命は助けてやろう。」と言われ、妖怪たちはその威光を畏れて従った。
妖怪たちは話し合った結果、「我々は多くの生き物を殺し、物事の道理を無視してきたせいで、報いを受けた。しかしありがたいことに懺悔の意を汲み取っていただき命は助けられた。この上は仏教に帰依して菩提の菓実を求めるべきである」と発心した。

妖怪の話し合い

仏の教えを受けようとした妖怪たちは、一連上人が道学共に諸宗に用いられた名匠であったことを思い出した。去年の冬に一連上人に恥辱を与てしまったが自分たちの懺悔の気持ちを感じ取って慈悲の心で許してくれると信じ、教えを請おうと一連上人の住処へと出発した。

一連上人を訪ねて

一連上人は、去年の冬から浮世を厭い、山奥に籠って修行の日々を送っていた。
戸を叩く音を聞き様子を見ると、異類異形の妖怪たちが立っていた。
「何者だ、天魔外道が私の道心を妨げに来たのか」「いいえ我々はかつて器物であった古道具で、今はこのような姿になったのです」妖怪たちは自分たちの現状や発心の理由を一連に語った。

一連上人

上人は「あなた方の行方を気にしていたところだ。会えただけでも嬉しいが、さらに発心されたとは嬉しいことだ」と喜んだ。かつて一連を打った手棒の妖怪は謝罪し、上人もこれを快く許した。

妖怪たち仏門に入る
妖怪たちは一連によって剃髪染衣の形なり(=出家した)、修行に励んだ。ある時、妖怪たちは上人に「仏教の諸派は元は同じ教えであっても成仏までに時間の差があり、これは教への浅深のせいと聞きました。同じことなら、深い教えに入り、速やかに悟りの境地に達したいのです」と言った。上人は「わたしはこれまで多くの宗派の教えを学んできた。そもそも仏教の教えには浅深の差はあれども同じ教えである。安易に是非を論じられるものではない。しかし、速やかに成仏するという点では真言密教の力が優れている。かつて弘法大師が即身頓悟の理を説いたとき諸宗の高僧はこれを疑い宮中で論議しが、誰もが弘法大師の弁に感嘆した。さらに時の帝の望み通りに即身成仏の現証を見せ、以後真言密教は大いに盛んになった。各々早くこの一門に入り悟りを開くのだ」と語り、これを聞いた妖怪たちは喜び真言の教えを学ぶようになった。

妖怪たちの修行

彼らは生まれ持った大きな器のため、真言の教えを余すところなく授けられた。上人は108歳のとき、「自分は教え授かり終わることができ、願いはかなった」と言い残すと即身成仏した。部屋は光に満ち、密厳界となった。これを見た妖怪たちは一層修行に励むようになった。

その後一人のものから提案があり「共に学ぶことは良いことだが、修行がおろそかになる可能性もある。経典にも深い山に入って仏道を求めよと説かれている。みなそれぞれに深山幽谷に入り、世間との縁を絶って、精進修行するべきだ」となった。名残を惜しみながらも別れて暮らすことになった。

妖怪たち深山で修業

それから修行の成果があり、それぞれ成仏することができた。

妖怪たち成仏

人  因徳本性王如来
仙  長寿大仙王如来
天  妙色自在王如来
金界 法界体性王如来

このように成仏の結果がことなるのは真言宗の特徴である。

古道具などの心のない物の成仏が可能だと説く教えは真言密教だけである。他の宗派はただ「草木非情」というが、我が宗では「草木非情、発心修行成仏」と説いている。心がないと言われる器物が成仏できるのだから、心ある我々人間が成仏できないということがあるだろうか。この器物の妖怪の成仏の話を聞いて、真言宗の教えが奥深いことを信じる。もしこの教えを知りたいと思うならば、真言の門を叩くのだ。