Q.白木の位牌を使い続けて良いですか

A.白木の位牌を使うのは四十九日までです。


白木の位牌とは

白木の位牌とは、葬儀の時に使う位牌で、無地の白木に筆で戒名などを書いたり、戒名などを書いた紙を貼り付けたりするものです。

白木の位牌とは

葬儀の時に使うものは、予め準備しておいたようなものは使いません。死ぬことを待っていたかのように思われるからなのです。そういう意味では白木の位牌は無地の物であり、亡くなって初めて準備する物なのです。

白木の位牌の準備は

枕経

白木の位牌は葬儀社が亡き人の枕飾りに持って来ますので、自分で買う必要はありません。

僧侶が枕経に来てくれる場合にはその時に戒名を付けて筆で直接書き込みます。

枕経という習慣が無い所では葬儀社が寺院に戒名の張り紙を取りに行って準備します。

仏式ではない時には葬儀社が俗名で白木の位牌を準備してくれます。

白木の位牌の安置場所

故人が自宅にある時は故人の枕元に、葬儀場に移動したら祭壇の上段に安置されます。

葬儀が済んで火葬場に向かう時には喪主の方が白木の位牌を持ち、僧侶の後に続きます。

火葬後の収骨の時には収骨室の祭壇に安置され、初七日を行う時には初七日の祭壇に安置されます。

白木の位牌は亡き人の霊が迷わないように導く役目がありますので、喪主の方が持って次の場所まで導いて差し上げます。

葬儀の流れが全て終わりましたら白木の位牌、遺影、骨壺を持った人が自宅まで故人を導きます。

白木の位牌はいつまで祀る

白木の位牌は葬儀が済んで火葬した故人様のお遺骨を骨壷に入れて持ち帰り、骨壺に入ったお遺骨と共に自宅の祭壇に四十九日の法要があるまでお祀りいたします。

四十九日の時にお墓が既にある場合には四十九日の法要後に納骨致します。

四十九日の法要の時には予め準備しておいた塗りの正式な位牌を開眼供養してもらい、白木の位牌はお寺さんに届けて焚き上げ供養してもらいます。この時の塗りの位牌が正式な位牌であり、通常はこの塗りのお位牌を使い続けることになります。

位牌を作るのは大変

四十九日を過ぎても3万円で戒名付き位牌が作れる!…戒名付き位牌エンター

四十九日の法要が済みましたら祭壇は葬儀社が無料で引き取ってくれることが多いので、聞いてみて下さい。

白木の位牌の役割

白木の位牌の目的としては亡き人の霊は、亡き人の身体からだんだんと離れていきますので、霊を位牌に引き留めておいて自分の身体が亡くなったということを理解してもらうことと、遺体を葬儀場や火葬場に移動する時に迷わぬようにするのが最大の目的であり、葬儀の時には僧侶の引導の後に続き、必ず喪主が位牌を持ち、霊が迷わぬように道案内するのです。

白木の位牌をそのまま使うこと

お墓が無いとか、お葬式の後の法要をしていないなどの場合には、白木の位牌をそのまま使い続けておられることがありますが、白木の位牌というものは、お葬式の流れの中だけで使う臨時的なものですので、いつまでも使うものではありません。

また、こういった場合にはお葬式に使った故人様の写真に付いても白黒のリボンが付いたままだったりしますが、白黒のリボンも四十九日が過ぎましたら外すものでございます。

四十九日を過ぎた時には

いつまでも白木のお位牌を使い続けますと、誰かがお参りしてくれた時に白木の位牌を見て、正式な位牌を作るお金をケチったとか思われますし、故人様に対して失礼なことかもしれません。

位牌を作らないのなら、なるべく早めにお焚き上げ供養してもらうか、または正式な塗りの位牌を作って魂を入れてもらう方が良いでしょう。

位牌は俗名で作ることも出来ますし、故人に対して手を合わせたいとか、誰かが仏壇をお参りしてくれた時に亡き人の位牌があれば手を合わせることが出来ます。

もし仮に随分と古い白木の位牌が仏壇の中に残っていたとしても、今からでも遅くはありませんのでお焚き上げ供養したら良いと思います。

但し古い位牌の中には、戦争中などで物資が不足していた時代の位牌が質素な位牌で、白木の位牌と間違えるようなこともありますが、戦時中の位牌でしたらもう50年以上過ぎていますので、ご先祖様の過去帳にまとめるか、お焚き上げ供養しても構わないでしょう。

白木の位牌をなるべく安くお焚き上げに出す方法…白木の位牌を小さくする方法エンター


位牌、戒名についての質疑応答エンター


前 恩師の位牌を持ちたいエンター

次 俗名で位牌を作っても良いですかエンター