枕経

亡くなった方の枕元に枕飾りを置いて、死者の傍で僧侶が行う読経を「枕経」と言いますが、チベット密教が今でも実践されているチベットでは、師僧が四十九日の間毎日来て「死者の書」という経典を読誦します。

死者の書の解説は難解ですが知っておいて損はしません、まだ執筆中…チベット死者の書

死者は亡くなってしばらくの間は自分がどうなったのかが分からない状態が続き、私達が持つ五感である視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を徐々に失くしていくのですが、聴覚だけは残っているので耳元で死者に悟りを得るための方法を説き聞かせるのが本来の枕経なのです。

悟りを得るということは私達の意識が肉体から離れて輪廻の世界から離脱することですから、そういう意味で人の死は悟りを得るための最大のチャンスなのです。

修行をするにしても死を最終目標に置いて修行すれば、それまでに悟れなかった人でも最後のチャンスが訪れるのです。

しかし全く仏法を実践しなかった人や学ばなかった人はもちろんのこと、修行を続けた人でも実際に悟りは程遠い世界なのです。

我が国での僧侶は、亡くなったばかりの死者はもちろんのこと、悲しみに暮れる家族に対しても法を説くのが務めなのですが、亡くなってすぐに駆け付けることなんて面倒だからでしょうか、枕経があまり行われなくなっています。

もちろん枕経をしない宗派もありますので一概には言えませんが、枕経という形ではなくても死者の枕元で線香を上げる、灯明を灯す、末期の水を含ませる、そして読経することは必要だと思います。