Q.位牌はいつ作ったら良いですか


A.大切な方がお亡くなりになって仏式のお葬式をする場合には寺院から僧侶が来て戒名を付けて下さり、お葬式用には白木の位牌と言いまして、白い木に墨で戒名を書くか、戒名を書いた紙を貼るなどした位牌を使い、火葬が済んで故人様の遺骨を家に持ち帰る時に一緒に持ち帰ります。

その白木の位牌は四十九日まで故人様のお遺骨と共にお祀りし、四十九日の法事の時に、お墓がある場合には納骨しますので、その時までに塗りの位牌と言いまして、正式な位牌を作っておいて、四十九日の法要の時に僧侶に開眼(魂入れ)供養をお願いし、白木の位牌はお寺に持って行き、供養してもらいます。

通常の流れはこのようなものですが、お墓が無い場合でも四十九日を境にして塗りの位牌に切り替えます。

事情があってお葬式が出来なかった、或いは俗名でお葬式をしたなどの場合には、戒名を頂いてなかったら頂いて位牌を繰りますが、その時期については決まりがありませんので、いつでも思い立った時で構いません。

絶対にいつまでにとかいう決まりはありませんので、ご安心くださいませ。

高野山真言宗やすらか庵では安価な料金で戒名を授与して位牌を作成し、開眼(魂入れ)供養をして宅配便でお送りする全ての費用込みで3万円でございます。

亡き人に対してどんなに遅くなっても構いません、何かして差し上げたい、そして亡き人に語りかけたい、守ってもらいたい気持ちがあれば、位牌を作ることをおすすめいたします。そして一生大切にしてくださいませ。


位牌、戒名についての質疑応答エンター


前 位牌は開眼供養が必要ですかエンター

次 戒名は誰が付けても良いのですかエンター