不要な切手を使おう

度重なる消費税増税であらゆる物の値段が上がっていきましたが、郵便利用金も同じく、料金が上がる度に1円切手を追加して使うのですが、それでも使わずに残り続けている切手が数知れず、皆さんの机の引き出しにも結構こういった未使用の切手が残っているのではないでしょうか。

金額を合わせるために複数の切手を使うやり方は、送る相手によっては失礼になってしまうのではないかと思ったりしますので、ますます使わなくなってしまいます。

因みに郵便物に貼る切手の枚数の制限は無いようですので、極端な話ダンボール箱の全面に少額切手を貼っても構わないのですが、そんなことをしたら郵便局の方が困るでしょうから、ある程度は良識的に考えないといけません。

こういう切手は郵便と郵パックに限りますが、お焚き上げ供養の送料としてお使いください、お焚き上げ供養自体がお片付けでありますので、ついでに使わなくなった切手もお片付けすればとてもスッキリします。

不要な切手の使い方としては、送る準備が出来た郵パックに不要な切手を貼ってから郵便局に持って行けば、不足分を計算してくれますので不足分を支払えばシールを貼ってくれて受付完了です。

高野山真言宗やすらか宛の郵便物や郵パックは不要な未使用の切手を使って構いませんよ。