古い切手は使いにくい

不要な切手を使おう

度重なる消費税増税であらゆる物の値段が上がっていきましたが、郵便利用金も同じく、料金が上がる度に1円切手を追加して使うのですが、それでも使わずに残り続けている切手が数知れず、皆さんの机の引き出しにも結構こういった未使用の切手が残っているのではないでしょうか。

古い切手が使いにくい理由

現在でしたら定形郵便は25gまでは82円切手を1枚貼ってポストに投函すれば相手の所に届きますので、よく手紙を出すような人は82円切手を1枚ずつ郵便局に買いに行くのが面倒なので、たくさん買っておけば安心です。

しかし郵便料金はこれまでも何度も消費税が上がるなどの理由で改定され、その都度新料金の新しい切手が発行されますので、今まで持っていた切手では料金不足になってしまい、追加の切手を貼る必要があります。

特に商談や目上の人に対しての手紙については、切手を何枚も貼ることで、最初から計画的に準備したものではなくて、在り合わせの物で準備したと捉えられることがありますので、印象を悪くする可能性もあるのです。

大切な要件の時には全て新しい物を買って揃えることで、その人の要件に対する強い気持ちが現れて、成功につながっていくのです。

古い切手もお金と同じです

切手で物を買うことは出来ませんが、たとえ古くなっても額面通りのお金としての価値はありますので、古い切手を机の中に入れたままにしていることは、お金を置きっぱなしにしていることと同じことです。

しかし郵便局に持って行ってもお金に換えてくれませんし、金券ショップに持ち込んでも買取の金額は下がりますので、やはり使うという事が最も良い方法なのです。

古い切手をゆうパックで使おう

古い切手は切手として使えば額面通りの値打ちがあり、その使い方としては

手紙やはがきに使うことはもちろんですが、特におすすめなのが、郵便局の「ゆうパック」で利用することです。

ヤマトや佐川などの宅配便に切手を使うことは出来ませんが、ゆうパックの送料として切手を使うことが出来ますので、送料として使えば意外とたくさん使えるのです。

因みに郵便物に貼る切手の枚数の制限は無いようですので、極端な話ダンボール箱の全面に少額切手を貼っても構わないのですが、そんなことをしたら郵便局の方が困るでしょうから、ある程度は良識的に考えないといけません。

しかし大切な人への贈り物としての箱にべたべたと無数の切手が貼ってありますと、結構驚かれますし、場合によっては印象を悪くしてしまうかもしれません。

送料を出すのがもったいなくて、残り物の切手を貼ったと思われるからです。

切手をたくさん貼る場合には、ある程度気心の知れた人でないといけません。

お焚き上げで切手を使おう

古い切手をたくさん貼って構わないのは郵便と郵パックに限りますが、お焚き上げ供養の送料としてお使いください、お焚き上げ供養自体がお片付けでありますので、ついでに使わなくなった切手もお片付けすればとてもスッキリします。

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げは全国対応ですから、全国どこからでも郵送や宅配便を使って利用することが出来ます。

不要な切手の使い方としては、送る準備が出来た郵パックに不要な切手を貼ってから郵便局に持って行けば、不足分を計算してくれますので不足分を支払えばシールを貼ってくれて受付完了です。

高野山真言宗やすらか宛の郵便物や郵パックは不要な未使用の切手を使って構いませんよ。