「2020年6月」の記事一覧

絶妙なるタイミングで天に感謝

散骨供養
散骨供養

今日は散骨供養で船を出しましたが、午前中までは大雨洪水警報が出ていて、結構雨が降りましたが、波は高くないと見込んでいたので、予定通りに行いました。 依頼主の方は遠方から来ますので、あまり日程の変更は好ましくないということ・・・

直葬とは

仏教 葬儀
直葬

  直葬とは 直葬とは亡き人の通夜や告別式などの葬儀を行わずに病院から直接火葬場に行って火葬する方法です。 直葬の理由 通夜や告別式などの葬儀は亡き人を弔う儀式として宗教に関係なく行われ、忌引きや慶弔見舞金の支・・・

頭陀袋とは

仏教 修行
托鉢

頭陀袋とは 頭陀袋とは比丘(出家した男性の修行者)が托鉢の時に首から下げる袋のことです。 頭陀袋の意味 頭陀とはインド古代サンスクリット語のDhūta(ドゥータ)のことで、「払い落とす」や「棄捨(きしゃ)」の意味があり、・・・

糞掃衣(ふんぞうえ)とは

仏教 修行
糞掃衣

糞掃衣とは 糞掃衣(ふんぞうえ)とはゴミとして捨てられた布を拾い集めて縫い合わせた僧の衣のことです。 なぜ糞掃衣? 釈迦の時代には修行僧は毎朝托鉢に出て食べる物を集めて回るのが日課で、あとは修行のみの生活で、普通の人のよ・・・

依り代とは

仏教
依り代とは

依り代とは 大木や巨岩、山などに神が降りてきて憑りつく対象のことを依り代と言い、ご神体として崇められます。 依り代の歴史 狩猟採集が行われていた旧石器時代から私達の祖先は大自然のあらゆるものに霊や魂が宿っていて、安定した・・・

他人の不幸を喜ぶ心-メシウマ

修行 生活
メシウマ

メシウマとは メシウマとは飯が旨いということなのですが、現代ならではの意味が隠されています。 メシウマの意味 主に「2ちゃんねる」で使われるスラング(仲間内だけで使われる俗語)で、「他人の不幸で今日も飯がうまい」の略で、・・・

ページの先頭へ