仏壇の出張引取りについて

家を解体する、売るなどの理由で仏壇を処分しようと思っても、魂が入っていますので簡単に捨てるということも出来ませんし、送るにも大きすぎて宅配便で送れなかったり、トラックなどの車が無いと運べなかったりして困ります。

仏壇が不要になったら

仏壇は礼拝することなく埃をかぶったままというのは神仏やご先祖様に対して大変失礼なことで、礼拝できなくなったり、引き継ぐ者がいないなどの場合には、出来ましたら可能な限りご自分でお祀りすることを続けて頂いて、それが出来なくなった時点で丁寧に抜魂供養をしてもらい、お焚き上げ供養するのが最良の方法です。

自分でお祀りすることが出来なくなった時というのは、

  • 70歳を過ぎて先があまり長く無いと感じた時
  • 老人ホームに入ることが決定した時
  • 子供と一緒に暮らすことになった時
  • 身体があまり動かなくなった時
  • 大きな病気をした時

などのことで、年齢が上がれば上がるほど、より強く感じるようになります。

仏壇の正しい処分方法

仏壇の一番正しい方法は、僧侶に来てもらって位牌や本尊、掛け軸などの魂を抜いてもらい、お焚き上げに出すという方法が最も正しい方法です。

魂を抜いてもらった物は普通にゴミとして処分しても良さそうですが、礼拝の対象物として神仏や先祖が宿った物であり、毎日礼拝を続けてきたものですから、ある意味聖なる対象物としての扱いなので、丁寧に天にお還しするのが礼儀なのです。

仏壇のご先祖様には天にお還り頂くという方法で、閉眼供養(抜魂供養)とお焚き上げ供養の両方を伴う作法が必要です。

こちらに詳しく掲載しています…仏壇、神棚のお焚き上げ供養エンター

小さな仏壇

マンション用の小さな仏壇でしたら宅配便で送ることが出来ますので宅配便で送った方が安く済みます。

大きな仏壇

一人だは運べないような大きな仏壇でしたら、大抵は上下二段の分割式になっていますが、それでも重くて特に女の方は持てないもので御座います。

こういう時に僧侶が家まで来てくれて供養してくれて、運び出すことまで全てやってくれたらとても助かるもので御座います。

高野山真言宗やすらか庵の出張供養

高野山真言宗やすらか庵では仏壇の出張引取りをしており、僧侶がお伺いしますので、お家の中で読経供養、閉眼供養、そして仏壇の引き取りまでの全ての行程を致します。

お引き取りした仏壇は毎日供養の上でお焚き上げいたしますので、最高に丁寧なに方法であると確信しております。

お伺い地域は

東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城にお伺いいたします、交通費無料の地域もご覧になってください。交通費無料の地域で仏壇をお引き取りする費用は3万5千円で、僧侶がお伺いし、その場で供養いたしますので、最高に安心の方法です。

仏壇と神棚はもちろんのこと、それ以外のお焚き上げ品を頼みたいような場合にも、どのようなご要望にもお応えいたします。

最近では故郷の両親が共に亡くなって家を解体処分するので仏壇と神棚を引き取って欲しいというご要望がかなりあります。

これまでお祀りしていた神仏に感謝の読経をしてお清めお祓いした上でお引き取りさせて頂きます。

その他の地域は

その他の地域にお住まいの方はご相談下さいませ。

僧侶が直接にお伺いして供養して運び出してくれるようなことは無いと思います。

御縁があると感じられた方はどうぞご連絡下さいませ、私も出来るだけのことはさせて頂きます。

出張供養のご連絡は

まずお電話下さい043-228-1480

そして必ず次の点をお知らせください

  • 仏壇の寸法
  • 仏壇を運び出すのに道具が必要ですか
  • 位牌はどうしますか
  • 御本尊はどうしますか
  • 仏具はどうしますか
  • 神棚も一緒ですか

出張供養のための準備は

ご予約されましたら、当日は何もしなくて結構ですから、そのままでお待ち下さいませ。

供養で拝むのに着替えさせて頂きますが、お構いなくどうぞ。

特別な準備は必要ありません。

仏具を入れる使用済みのダンボールか手提げ袋を使わせて頂く事があります。


お焚き上げの質疑応答エンター