仏壇-お焚き上げ

 

お仏壇、最近は家を建てる時に、

床の間や仏壇をお祀りする専用のコーナーを設置するようなことは少なく、

大抵は団地サイズと呼ばれる小さなサイズの仏壇が主流ですが、

それでも古いお家などに行きますと、時には人の背の高さ程の仏壇があります。

仏壇とは

仏壇-お引き取り

仏壇というものは本来、お釈迦様などの仏様をお祀りするものですが、

大抵はご先祖様のお位牌をお祀りしている祭壇だと思っておられます。

それでも仏壇には必ず本尊様がおられる訳で、

信仰する宗派の御本尊が一番上の真ん中に鎮座されていることと思います。

御本尊様と位牌の関係は、御本尊様もご先祖様も

どちらも私達を守ってくださる存在なのですが、

ご先祖様を守るのは御本尊様なので、御本尊様が一番偉い訳で、

大体は仏壇に於いては、一番上の段の真ん中におられるのは、そういう理由からです。

しかし、単純な意味合いで、何かにすがったり、頼ったりする時に、

手を合わせて祈る場というものは、家の中に必要なのではないでしょうか。

仏壇は亡き人とのコミュニケーションの場であり、

守ってもらっていることに対する感謝の場でもあるのです。

 

神棚とは

神棚-お焚き上げ

神棚とは、日本古来の天地創造神、土地神、氏神、産土神などを家で祀るための社です。

自分にご縁のある神をお祀りするので、どのような神様かの決まりは特にありません。

古いお家ですと、仏壇と神棚の両方が大抵はあるはずです。

また、旧家ですと、台所に荒神様を別にお祀りしたりと、

家の中にも外にも至る所に神が祀られています。

神棚の魂の作法は、神職がするものですが、僧侶でも心得ています。

高野山では、金剛峯寺内に高野明神があり、弘法大師空海が高野山を創設する時に

土地の神の許しを得たことから、今でも高野山の守り神となり、

高野山で修業する者は、必ずお参りするようになっています。

今も昔も、神と仏は密接に繋がっているのです。

仏壇や神棚が不要になってきている

本来、家の中に神仏やご先祖様をお迎えしてお祀りのは後継者の勤めであり、

家や財産を引き継ぐという前提条件に支えられてきた訳ですが、

家族制度の崩壊や、人口減少、少子高齢化の社会の到来で、

引き継ぐものが何も無いという事態が起こっているのです。

大体において、仏壇には先祖からの位牌が多数入っており、

後継者が引き継ぐものですが、後継者がいないという場合には、

最終的にはゴミとして粗末に扱われたりしては、

ご先祖様に大変に申し訳の無いことになるのです。

何とかしないといけないと思いながらも、仏壇や神棚と付き合っている、

というのが現状ではないでしょうか。

正しい仏壇と神棚のしまい方

後継者がいないなどの理由で、仏壇や神棚を処分しようと思ったら、

ゴミとして捨てるという訳にはいきません。

神仏とご先祖に魂の入ったまま、捨てるということは大変に無礼なことなのです。

最も丁寧な方法としては、僧侶に来てもらって抜魂供養をしてもらい、

お焚き上げをしてくれる専門の業者に引き取ってもらうことです。

やすらか庵では、僧侶が付き添いでお引き取りに伺いますので、

お家で抜魂供養をしてから仏壇を搬出いたします。

家に僧侶が来るなんていうことは中々無いことですので、

その場で拝んでもらうことにより、

仏壇を片付けるというちょっと後ろめたい気持ちが解決いたします。

仏壇と神棚のお焚き上げは適宜行っております

仏壇-お焚き上げ

どんなにたくさんであろうとも、まとめてでは無く、

一つ一つ丁寧にお祓い、読経しながらお焚き上げ供養させて頂いております。

やすらか庵の敷地では専用のお焚き上げ場があります。

また、お焚き上げ実施までのお預かり期間の間は毎日礼拝供養させて頂いております。

お焚き上げ品-礼拝

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城はお伺い

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城でしたらお仏壇、神棚を引き取りにお伺いいたします。

仏壇、神棚共にその場で抜魂供養をいたしますので、最も丁寧な方法で安心です。

お葬式の時に着るような黒の衣ではなくて、

緑の衣にお家に着いてから着替えさせて頂きますので、

ご近所に知れることもありませんし、仏壇に搬出時には、

カバーを掛けるなどの御近所に対する気遣いもしております。

家庭用の仏壇なら、仏壇の大きさに関係なく3万5千円でございます。

家庭用の神棚は、大きさに関係なく2万5千円でございます。

仏壇と神棚の両方でしたら、5万円でございます。

中に仏具、神具、本尊、位牌、御軸、御札などが入っていても構いません。

交通費無料エンターの地域です、その他の地域でも交通費実費でお伺いさせて頂きます。

やすらか庵に持って来る

やすらか庵に持って来て頂きましたら、仏壇は2万円の費用でございます。

神棚は1万円の費用でございます。

中に仏具、神具、位牌などが入っていても構いません。

お世話になった仏壇ですから、感謝の気持ちを込めてなるべく丁寧な方法を

おすすめいたします。持って来られる場合には、日時をご予約くださいませ。

高野山真言宗やすらか庵は 千葉市若葉区野呂町 1434-16

お電話は フリーダイヤル 0120-655-480

宅配便を利用する

僧侶が自らおこなっておりますので、基本はご要望があればどんな遠方でも

お伺いいたします。しかしながら宅配便で送って頂いても、

お伺いするのと同じ丁寧さでいたします。

宅配便でしたらクロネコヤマトのヤマト便、佐川急便ラージ便、

西濃運輸のカンガルー特急便などがあり、大きな荷物を扱えるようになっていますので、

やすらか庵に連絡をして下さり、2万円を振り込んで頂いた上で、

やすらか庵宛お送りくださいませ。

高野山真言宗やすらか庵

265-0053 千葉市若葉区野呂町1434-16

TEL 043-228-1480


お振込先

三菱東京UFJ銀行 浦安支店 普通預金
店番 361
口座番号 0815030
名前 やすらか庵 代表 清野 勉

ゆうちょ銀行(郵便局)
記号 10550
番号 53940321
名前 やすらか庵