東京都の方にお焚き上げのご案内

東京都のお焚き上げ

東京都は日本の首都であり、23区をはじめ26市と3町1村および島嶼部の2町7村から成り、2021年時点では1396万人が暮らす都市です、マンション暮らしの方が多いですが、とても役に立つお焚き上げのご案内です。

ビル群が集中する都会から山間部、さらに島嶼部まで有するので、大都会から南海の孤島まで変化に富んでいることが特徴です。

都会にも神は居る

都会の中の神

神々は大宇宙の自然の中に居られる存在であり、我が国のアニミズムは山川草木悉皆成仏と言って、太古の昔から大自然の中のあらゆるものに仏が宿るとされ、篤い信仰心と祈りの心を持って生活していたのですが、自然を切り開いて共同生活をするようになり、街を作り自然から離れていくようになると共に神仏から離れていったのです。

大自然の中に無数に居た八百万の神々は自然が無くなると共に居場所が無くなってしまいましたが、それでも私達の周りには居られるもので、寺社の御札や御守などに付随して人や家の守護をしておられるのです。

都会の中にも神社や寺院がありますし、墓地、霊園もあります。

古い街道跡には石仏がお祀りされていたり、磐座やご神木も残されているのです。

都会の人工的に作られたネオンの中にあっても、ビルの中には神棚がお祀りされていたり、屋上にお社があったりするのです。

神々は信仰心のある者が礼拝する場所は守護してくれるのです。

災難が多い都会

都会は人工的に作られて自然が少ないが故に大自然のバランスが崩れて未曽有の災害が起こることが多くなってきました。

驚異的な勢力の台風、集中豪雨、竜巻などの災害が、50年に一度、或いは100年に一度という規模になって、毎年何処かで必ず起こっているのです。

私達が便利な生活を手に入れた代償としての災害として真剣に受け止め、私達一人一人の生活を変えていく必要があるのです。

神々は私達に罰を与えることはしませんが、自然のバランスが崩れればそれを治そうとするのが当然であり、崩れたバランスがもはや修復不可能な状態になっているのではないかとさえ思えるのです。

そして都会では人や物、お金に関する欲望に溢れ、人々の争いやストレスが多いことから善神よりも疫病神、死神などのたまり場となり、災難やトラブルが日常茶飯事で、物の豊かさに反して心が貧しい人が多いのです。

神頼み

マンションに住んでいても小さな神棚や仏壇を置いている人もまた意外と多いもので、お花を絶やさないようにして、毎日手を合わせる熱心な方も多く居られます。

都会に住んでいても年に一回の初詣には行くという人が圧倒的に多く、御札やお守りを頂いて部屋にお祀りすることはとても良いことで、神仏は人が住んでいる所であればどんな場所であろうとも守って下さるのです。

初詣の時には御札やお守りは頂いた寺社にお礼を添えてお返しして、再び新しい御札、御守を頂くと言うのが神仏に対する礼儀で御座います。

もしお返し出来ないような時には高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げをご利用下さい。

寺院のお焚き上げ、毎日供養で500円から

御札やお守りの使用期間は1年間です、歳神様などの家にやって来る神様は1年間守ってくれるのであり、守って頂いたら感謝を込めてお礼参りに行き、再び新しい御札としてお迎えするのが正しい礼儀作法です。

田舎の家を処分する時には

都会暮らしをしていますと地方の両親が共に亡くなりましたら家を処分するという事がとても多くなりました。

生活用品からはじまって家の中の物を全て処分してから家を解体して更地にするのですが、仏壇、神棚、写真、アルバム、記念品などの捨てきれない物がたくさん出てきます。

捨てたら罰が当たる物や、思い出が詰まっているから捨てきれない物などです。

これらの物はお焚き上げを利用すれば天に届けることが出来ますので、思い出を無駄にすることはありませんし、何よりも亡き人への供養になるのです。

お焚き上げで終活を

お焚き上げの点火

自分自身の最後の事を考えて、最後にはなるべく人に迷惑が掛からないようにと整理整頓して行くのが終活で、時には大切な物も思い切って処分ということもありますが、こういう時にこそお焚き上げが役に立ちます。

自らの気持ちの整理のため、そしてこだわりの心を捨て去るためにもお焚き上げはとても有効です。